カテゴリ:

ユーザー定義関数、外部関数、およびストアドプロシージャ用の DDL

DESCRIBE FUNCTION

指定されたユーザー定義の関数(UDF)、または署名(つまり引数)、戻り値、言語、および本体(つまり定義)を含む外部関数を説明します。

DESCRIBE は DESC に短縮できます。

こちらもご参照ください。

ALTER FUNCTIONCREATE FUNCTIONSHOW USER FUNCTIONSSHOW EXTERNAL FUNCTIONS

構文

DESC[RIBE] FUNCTION <name> ( [ <arg_data_type> ] [ , ... ] )

パラメーター

名前

関数の識別子を説明するために指定します。識別子にスペースまたは特殊文字が含まれる場合は、文字列全体を二重引用符で囲む必要があります。二重引用符で囲まれた識別子も大文字と小文字が区別されます。

引数データ型 [ , ... ]

関数の引数(ある場合)のデータ型を指定します。関数は名前のオーバーロードをサポートしているため(つまり、同じスキーマ内の2つの関数が同じ名前を持つことができるため)、引数データ型が関数の識別に使用されれます。

使用上の注意

  • このコマンドの出力を後処理するには、 RESULT_SCAN 関数を使用できます。この関数は、出力をクエリ可能なテーブルとして扱います。

これは DESCRIBEFUNCTION コマンドを示しています。

DESC FUNCTION multiply(number, number);

-----------+----------------------------------+
 property  |              value               |
-----------+----------------------------------+
 signature | (a NUMBER(38,0), b NUMBER(38,0)) |
 returns   | NUMBER(38,0)                     |
 language  | SQL                              |
 body      | a * b                            |
-----------+----------------------------------+