カテゴリ:

ユーザー定義関数、外部関数、およびストアドプロシージャ用の DDL

DESCRIBE PROCEDURE

ストアドプロシージャの署名(引数)、戻り値、言語、および本文(定義)など、指定されたストアドプロシージャを記述します。

こちらもご参照ください:

ALTER PROCEDURECREATE PROCEDURESHOW PROCEDURES

構文

DESC[RIBE] PROCEDURE <procedure_name> ( [ <arg_data_type> [ , <arg_data_type_2> ... ] ] )

使用上の注意

  • ストアドプロシージャを記述するには、ストアドプロシージャの名前と引数データ型(存在する場合)を指定する必要があります。ストアドプロシージャは名前のオーバーロードをサポートしているため、引数が必要です(つまり、同じスキーマ内の2つのストアドプロシージャは、引数のデータ型が異なる限り同じ名前を持つことができます)。

  • 出力の body プロパティには、ストアドプロシージャの JavaScript コードが表示されます。

この例は、パラメーターを持たないストアドプロシージャを記述する方法を示しています。

DESC PROCEDURE my_pi();
+---------------+----------------------+
| property      | value                |
|---------------+----------------------|
| signature     | ()                   |
| returns       | FLOAT                |
| language      | JAVASCRIPT           |
| null handling | CALLED ON NULL INPUT |
| volatility    | VOLATILE             |
| execute as    | CALLER               |
| body          |                      |
|               |   return 3.1415926;  |
|               |                      |
+---------------+----------------------+

この例は、パラメーターを持つストアドプロシージャを記述する方法を示しています。

DESC PROCEDURE area_of_circle(FLOAT);
+---------------+------------------------------------------------------------------+
| property      | value                                                            |
|---------------+------------------------------------------------------------------|
| signature     | (RADIUS FLOAT)                                                   |
| returns       | FLOAT                                                            |
| language      | JAVASCRIPT                                                       |
| null handling | CALLED ON NULL INPUT                                             |
| volatility    | VOLATILE                                                         |
| execute as    | OWNER                                                            |
| body          |                                                                  |
|               |   var stmt = snowflake.createStatement(                          |
|               |       {sqlText: "SELECT pi() * POW($RADIUS, 2)", binds:[RADIUS]} |
|               |       );                                                         |
|               |   var rs = stmt.execute();                                       |
|               |   rs.next()                                                      |
|               |   var output = rs.getColumnValue(1);                             |
|               |   return output;                                                 |
|               |                                                                  |
+---------------+------------------------------------------------------------------+