カテゴリ:

ユーザー定義関数、外部関数、およびストアドプロシージャ用の DDL

DROP FUNCTION

指定されたユーザー定義関数(UDF)を、現在のスキーマまたは指定されたスキーマから削除します。

こちらもご参照ください:

CREATE FUNCTIONSHOW FUNCTIONS

構文

DROP FUNCTION [ IF EXISTS ] <name> ( [ <arg_data_type> , ... ] )

パラメーター

名前

ドロップする UDF の識別子を指定します。識別子にスペースまたは特殊文字が含まれる場合、文字列全体を二重引用符で囲む必要があります。二重引用符で囲まれた識別子も大文字と小文字が区別されます。

引数データ型 [ , ... ]

UDF の引数(ある場合)のデータ型を指定します。UDFs は名前のオーバーロードをサポートしている(つまり、同じスキーマ内の2つの UDFs が同じ名前を持つことができる)ため、引数タイプが必要です。引数タイプは、ドロップする UDF を識別するために使用されます

使用上の注意

  • このコマンドは、外部関数をドロップするために使用できます。

  • ドロップされた機能は回復できません。再作成する必要があります。

これは DROPFUNCTION コマンドを示しています。

DROP FUNCTION multiply(number, number);

--------------------------------+
             status             |
--------------------------------+
 MULTIPLY successfully dropped. |
--------------------------------+