カテゴリ:

ユーザー定義関数、外部関数、およびストアドプロシージャ用の DDL

DROP PROCEDURE

指定されたストアドプロシージャを、現在のスキーマまたは指定されたスキーマから削除します。

こちらもご参照ください:

ALTER PROCEDURESHOW PROCEDURES

構文

DROP PROCEDURE [ IF EXISTS ] <procedure_name> ( [ <arg_data_type> , ... ] )

使用上の注意

  • プロシージャに定義された各引数に対して、引数のデータ型を指定する必要があります。プロシージャ名のオーバーロードがサポートされており、プロシージャを識別するために引数のデータ型が必要なため、これは必須です。

DROP PROCEDURE add_accounting_user(varchar);

-------------------------------------------+
             status                        |
-------------------------------------------+
 ADD_ACCOUNTING_USER successfully dropped. |
-------------------------------------------+