カテゴリ:

テーブル、ビュー、シーケンス DDL

SHOW MATERIALIZED VIEWS

アクセスする権限があるマテリアライズドビューをリストします。

マテリアライズドビューの詳細については、 マテリアライズドビューの使用 をご参照ください。

こちらもご参照ください。

CREATE MATERIALIZED VIEWALTER MATERIALIZED VIEWDROP MATERIALIZED VIEWDESCRIBE MATERIALIZED VIEW

構文

SHOW MATERIALIZED VIEWS [ LIKE '<pattern>' ]
                        [ IN
                             {
                               ACCOUNT                  |

                               DATABASE                 |
                               DATABASE <database_name> |

                               SCHEMA                   |
                               SCHEMA <schema_name>     |
                               <schema_name>
                             }
                        ]

パラメーター

LIKE 'pattern'

オブジェクト名でコマンド出力をフィルターします。フィルターは、 SQL ワイルドカード文字(% および _)をサポートする、 大文字と小文字を区別しない パターンマッチングを使用します。

例えば、次のパターンは同じ結果を返します。

... LIKE '%testing%' ...
... LIKE '%TESTING%' ...
[ IN ... ]

Optionally specifies the scope of the command. Specify one of the following:

ACCOUNT

Returns records for the entire account.

DATABASE, . DATABASE db_name

Returns records for the current database in use or a specified database (db_name).

If you specify DATABASE without db_name and no database is in use, the keyword has no effect on the output.

SCHEMA, . SCHEMA schema_name, . schema_name

Returns records for the current schema in use or a specified schema (schema_name).

SCHEMA is optional if a database is in use or if you specify the fully-qualified schema_name (e.g. db.schema).

If no database is in use, specifying SCHEMA has no effect on the output.

デフォルト: セッションで現在使用中のデータベースがあるかどうかによって異なります。

  • データベース: DATABASE がデフォルトです(つまり、コマンドはデータベースで表示する権限を持つオブジェクトを返します)。

  • データベースなし: ACCOUNT はデフォルトです(つまり、コマンドは、アカウントで表示する権限を持つオブジェクトを返します)。

使用上の注意

  • このコマンドは、実行中のウェアハウスを必要としません。

  • コマンドは、コマンドを実行するために使用されるロールのアクセス権によって決定された通り、指定されたオブジェクトタイプに対して 最大 10Kのレコードを返します。フィルタが適用されていても、10Kの制限を超えるレコードは返されません。

    10Kを超える記録が存在する結果を表示するには、 Snowflake Information Schema で対応するビュー(存在する場合)をクエリします。

  • このコマンドの出力を後処理するには、 RESULT_SCAN 関数を使用できます。この関数は、出力をクエリ可能なテーブルとして扱います。

  • 出力列は SHOW TABLES の出力列に似ていますが、次の追加の列が含まれています。

    • refreshed_on:最終更新時間。

    • compacted_on:最終圧縮時間。

    • behind_by: ベーステーブルからの変更でマテリアライズドビューを更新するバックグラウンドプロセスがまだマテリアライズドビューを最新にしていない場合、この列は、マテリアライズドビューがベーステーブルからおよそ何秒「遅れ」ているかを示します。マテリアライズドビューが最新ではないと表示されている場合でも、マテリアライズドビューに対するクエリは最新の結果を返します(ベーステーブルから追加情報を取得するために多少時間がかかる場合あり)。

  • コマンド SHOW VIEWS は、マテリアライズドビューに関する情報も表示します。

出力

コマンド出力は、次の列の列プロパティとメタデータを提供します。

| created_on | name | reserved | database_name | schema_name | cluster_by | rows | bytes | source_database_name | source_schema_name | source_table_name | refreshed_on | compacted_on | owner | invalid | invalid_reason | behind_by | comment | text | is_secure | automatic_clustering |

説明

created_on

マテリアライズドビューが作成されたときのタイムスタンプ。

name

マテリアライズドビューの名前。

reserved

(今後の使用のために予約。)

database_name

マテリアライズドビューが存在するデータベースの名前。

schema_name

マテリアライズドビューが存在するスキーマの名前。

cluster_by

クラスタリング列に関する情報(マテリアライズドビューがクラスター化されている場合)。

rows

マテリアライズドビューの行数。

bytes

マテリアライズドビューのデータのバイト数。

source_database_name

マテリアライズドビューのベーステーブルが存在するデータベースの名前。

source_schema_name

マテリアライズドビューのベーステーブルが存在するスキーマの名前。

source_table_name

マテリアライズドビューのベーステーブルの名前。

refreshed_on

マテリアライズドビューが最後に更新されたときのタイムスタンプ。

compacted_on

マテリアライズドビューが最後に圧縮されたときのタイムスタンプ。

owner

マテリアライズドビューの所有者。

invalid

マテリアライズドビューが現在無効である場合(例: ビューが使用する列をベーステーブルが削除した場合)はTrue。それ以外の場合はfalse。

invalid_reason

マテリアライズドビューが現在無効である理由(ある場合)。

behind_by

ベーステーブルの更新に対して、マテリアライズドビューの更新が遅れている度合い。

comment

オプションのコメント。

text

このマテリアライズドビューを作成したコマンドのテキスト(例: CREATE MATERIALIZED VIEW ...)。

is_secure

マテリアライズドビューがセキュアビューである場合はtrue。それ以外の場合はfalse。

automatic_clustering

ビューがクラスター化済み かつ クラスタリングが自動の場合はTrue。

マテリアライズドビューをすべて表示します。

SHOW MATERIALIZED VIEWS;

指定した正規表現に一致する名前を持つマテリアライズドビューのみを表示します。

SHOW MATERIALIZED VIEWS LIKE 'mv1%';

+-------------------------------+------+----------+---------------+-------------+------------+------+-------+----------------------+--------------------+-------------------+-------------------------------+--------------+----------+---------+----------------+-----------+---------+--------------------------------------------+-----------+----------------------+
| created_on                    | name | reserved | database_name | schema_name | cluster_by | rows | bytes | source_database_name | source_schema_name | source_table_name | refreshed_on                  | compacted_on | owner    | invalid | invalid_reason | behind_by | comment | text                                       | is_secure | automatic_clustering |
|-------------------------------+------+----------+---------------+-------------+------------+------+-------+----------------------+--------------------+-------------------+-------------------------------+--------------+----------+---------+----------------+-----------+---------+--------------------------------------------+-----------|----------------------+
| 2018-10-05 17:13:17.579 -0700 | MV1  |          | TEST_DB1      | PUBLIC      |            |    0 |     0 | TEST_DB1             | PUBLIC             | INVENTORY         | 2018-10-05 17:13:50.373 -0700 | NULL         | SYSADMIN | false   | NULL           | 0s        |         | CREATE OR REPLACE MATERIALIZED VIEW mv1 AS | false     | OFF                  |
|                               |      |          |               |             |            |      |       |                      |                    |                   |                               |              |          |         |                |           |         |       SELECT ID, price FROM inventory;     |           |                      |
+-------------------------------+------+----------+---------------+-------------+------------+------+-------+----------------------+--------------------+-------------------+-------------------------------+--------------+----------+---------+----------------+-----------+---------+--------------------------------------------+-----------+----------------------+
最上部に戻る