Snowflake Partner Connect

Partner Connectを使用すると、選択したSnowflakeビジネスパートナーで試用アカウントを簡単に作成し、これらのアカウントをSnowflakeと統合できます。この機能は、さまざまなサードパーティのツールとサービスを試し、ビジネスニーズに最適なものを採用するための便利なオプションを提供します。

このトピックの内容:

サポートしているパートナー

重要

Snowflakeは、パートナーの試用アカウントの条件や規約(長さ、サポートされる機能など)を決定および指示しません。これらのポリシーは各Snowflakeパートナーによって設定され、パートナーに応じて異なります。

特定の試用の詳細については、パートナーに直接お問い合わせください。

現在、Partner Connectには次のパートナーが含まれています。

パートナー

カテゴリ

メモ

Alteryx

機械学習およびデータサイエンス

ALTR

セキュリティ、ガバナンス、および可観測性

無料永久プラン

data.world

セキュリティ、ガバナンス、および可観測性

Dataguise

セキュリティ、ガバナンス、および可観測性

Dataiku

機械学習およびデータサイエンス

DataOps.live

SQL 開発および管理

DataRobot

機械学習およびデータサイエンス

dbt Labs

データ統合

dbt Cloud

Domo

ビジネスインテリジェンス(BI)

Etleap

データ統合

Fivetran

データ統合

H2O.ai

機械学習およびデータサイエンス

Hex

機械学習およびデータサイエンス

Hightouch

データ統合

Hunters

セキュリティ、ガバナンス、および可観測性

HVR

データ統合

Immuta

セキュリティ、ガバナンス、および可観測性

Informatica

データ統合

Informatica Cloud

Informatica Data Loader

データ統合

Informaticaデータローダー

Knoema

データ統合

Matillion Data Loader

データ統合

Matillionデータローダー

Matillion ETL

データ統合

Matillion ETL

Qlik

データ統合

Qlik Replicate

Rivery

データ統合

Sigma Computing

ビジネスインテリジェンス(BI)

Sisense

ビジネスインテリジェンス(BI)

Sisense for Cloud Data Teams

SnapLogic

データ統合

SqlDBM

SQL 開発および管理

Stitch

データ統合

StreamSets

データ統合

Striim

データ統合

Talend

データ統合

ThoughtSpot

ビジネスインテリジェンス(BI)

Zepl

機械学習およびデータサイエンス

セキュリティ要件

Partner Connectは、Snowflakeで 確認済み のメールアドレスを持つアカウント管理者(つまり、 ACCOUNTADMIN ロールを持つユーザー)に制限されています。

  • Partner Connectを使用するには、 ACCOUNTADMIN ロールに切り替えるか、そのロールを持つ組織内の誰かに連絡する必要があります。

  • メールアドレスを確認するには、

    Snowsight

    Select User Menu » Profile

    そして、メールアドレスを追加または確認します。

    Classic Web Interface

    ログイン名 » Preferences » General にあるドロップダウンメニューをクリックします。

    User Information エリアで、 Email Address フィールドの適切なリンクをクリックして、メールアドレスを追加または確認します。

Snowflakeパートナーとの接続

現在、Partner Connect内でSnowflakeパートナーにより試用アカウントを開始するには、

  1. Snowsight または classic web interface のいずれかにログインします。

  2. ACCOUNTADMIN をインターフェイスでアクティブなロールにします。

    いずれかのインターフェイス

    ログイン名の横にあるドロップダウンメニュー、 Switch Role » ACCOUNTADMIN の順にクリックして、アカウント管理者のロールに変更します。

  3. Partner Connect ページを開きます。

    Snowsight

    Select Admin » Partner ConnectPartner Connect ページが開きます。

    Classic Web Interface

    Partner Connect Partner Connect tab をクリックします。 Snowflake Partner Connect ページが開きます。

  4. 接続するパートナーに対応するタイルをクリックします。

    ダイアログには、パートナーに接続するための要件と、接続プロセス中にSnowflakeで自動的に作成されたオブジェクトのリストが表示されます。これには、空のデータベース、ウェアハウス、デフォルトユーザー、カスタムロールが含まれます。パートナーアプリケーションは、アカウントの読み取りまたは書き込み時にこれらのオブジェクトを使用します。

  5. オプションで、試用において自動的に使用する、Snowflake内にある1つ以上の既存のデータベースを指定します。これにより、Snowflakeの既存のデータをパートナーアプリケーションですばやく簡単に利用できるようにする、追加のカスタムロールが作成されます。

    初期接続プロセスでデータベースを指定しない場合は、後で指定できます。ただし、後でそれらを指定する場合は手作業になります。

    注意

    現在、従来のウェブインターフェイスを使用して、最初の接続プロセス中にPartner Connect試用版の共有データベース(つまり、プロバイダーアカウントからアカウントに共有されるデータベース)を指定することはできません。共有データベースを選択すると、 Connect ボタンをクリックしてプロセスを完了する場合に、従来のウェブインターフェイスはエラーを返します。

    共有データベースを試用版で使用するには、

    • Snowsight を使用して、初期接続プロセスを完了します。

    • プロセスの完了後に、共有データベースを手動で指定します。

  6. パートナーの説明の下にある Connect ボタンをクリックして、パートナーとの試用アカウントの作成を開始し、パートナーアプリケーションをSnowflakeに接続します。

プロセスが完了し、オブジェクトが作成されると、パートナータイルが更新され、チェックマークが表示されます。

パートナー用に作成されたオブジェクト

接続プロセス中に、アカウント内で次のSnowflakeオブジェクトがパートナーアプリケーション用に作成されます。

オブジェクト名

メモ

PC_<パートナー>_DB

データベース

このデータベースは空であり、クエリ用のデータをロード/保存するために使用できます。すでにデータが含まれている既存のデータベースを使用する場合は、初期接続プロセス中に、表示されたフィールドで使用する非共有データベースを指定できます。プロセスの完了後に、他のデータベースを手動で指定することもできます。

PC_<パートナー>_WH

ウェアハウス

ウェアハウスのデフォルトサイズはXSですが、必要に応じて変更できます。

PC_<パートナー>_USER

システムユーザー

これは、パートナーアプリケーションからSnowflakeに接続するユーザーです。ダイアログに記載されているように、ユーザーのランダムなパスワードが自動的に生成されます。

PC_<パートナー>_ROLE

ロール

このカスタムロールに PUBLIC ロールが付与されます。これにより、ロールは PUBLIC ロールに所有/付与されたオブジェクトにアクセスできます。さらに、このロールは SYSADMIN ロールに付与されます。これにより、 SYSADMIN ロール(またはそれ以上)を持つユーザーは、パートナーアクセス用に作成されたSnowflakeオブジェクトにもアクセスできます。

さらに、初期接続プロセス中に1つ以上の既存のデータベースを指定することをオプションで選択した場合は、データベース内のテーブルにアクセスするために必要なすべての権限を持つ、2番目のカスタムロールが作成されます。

PC_<パートナー>_DB_PICKER_ROLE

次に、このロールが PC_<パートナー>_ROLE に付与されます。これにより、指定されたデータベース内のすべてのテーブルを最小限の構成の追加(あるいは、まったくなし)で、パートナーアプリケーションにより使用できるようになります。

この2番目のロールはダイアログに表示されませんが、ダイアログにリストされている他のすべてのオブジェクトが作成された後に、ロールが自動的に作成されることに注意してください。

ちなみに

上記のオブジェクトは、すばやく便利な設定を可能にするために作成されています。

  • 既存のSnowflakeオブジェクト(データベース、ウェアハウス、ユーザーなど)を使用する場合は、パートナーアプリケーションの設定を更新して、Snowflake内の目的のオブジェクトを参照できます。

  • アカウント管理者は ALTER USER を使用して、 PC_<パートナー>_USER のために生成されたパスワードを変更できます。

  • PUBLIC 以外のロールによって所有されている(または付与されている)オブジェクトへのアクセスを有効にするには、他のロールを PC_<パートナー>_ROLE に付与します。

自動化されたアプリケーション機能とリソースの使用

パートナーアプリケーションには、スケジュールに従って実行され、コンピューティングリソースを消費するダッシュボードなどの自動化機能が含まれる場合があります。アプリケーションによる予期しないSnowflakeクレジットの使用状況を回避するために、パートナーアプリケーションの製品ドキュメントを読み、 PC_<パートナー名>_WH ウェアハウスの 使用状況をモニターする ことをお勧めします。

ネットワークポリシーへのパートナー IP アドレスの追加

ネットワークポリシー を使用して、ユーザー IP アドレスに基づいてSnowflakeアカウントへのアクセスを制限する場合、パートナーの IP アドレスをネットワークポリシーで許可されている IP アドレスリストに追加しない限り、パートナーアプリケーションはアカウントにアクセスできません。詳細な手順については、 ネットワークポリシーの変更 をご参照ください。

次のテーブルに、各パートナーの IP アドレス(利用可能でありサポートされている場合)、またはこの情報に関するパートナーサイトのページへのリンクを示します。

パートナー

IP アドレス

メモ

Alteryx

44.225.50.233

ALTR

3.145.219.176/28 . 35.89.45.128/28 . 44.203.133.160/28

data.world

52.3.83.134 . 52.205.195.10 . 52.205.207.86

Dataguise

N/A

Dataiku

N/A

DataOps.live

N/A

DataRobot

N/A

dbt Labs

52.22.161.231 . 52.45.144.63 . 54.81.134.249

Domo

N/A

Etleap

N/A

Fivetran

52.0.2.4

設定の詳細については、 Fivetranドキュメント をご参照ください。

H2O.ai

N/A

Hunters

18.192.165.147 . 34.223.20.125 . 34.223.186.164 . 34.223.221.217 . 52.32.222.121 . 52.35.55.27 . 52.35.219.75 . 52.40.78.172 . 54.68.155.124 . 54.72.125.231 . 54.73.199.243 . 54.75.50.99 . 54.212.81.93 . 54.214.94.117 . 54.220.191.11

Hex

N/A

Hightouch

N/A

HVR

N/A

Immuta

N/A

Informatica

N/A

Informaticaデータローダー

N/A

Knoema

N/A

Matillionデータローダー

N/A

Matillion ETL

N/A

Qlik

N/A

Rivery

13.58.140.165/32 . 34.254.56.182/32 . 52.14.86.20/32 . 52.14.192.86/32

Sigma

104.197.169.18 . 104.197.193.23

Sisense

各種

IP アドレスについては、 Sisenseドキュメント をご参照ください。

SnapLogic

各種

IP アドレスについては、 SnapLogic ドキュメント をご参照ください。

SqlDBM

N/A

Stitch

各種

IP アドレスについては、 Stitchドキュメント をご参照ください。

StreamSets

N/A

Striim

N/A

Talend

N/A

ThoughtSpot

35.164.213.211

Zepl

34.214.146.198 . 35.164.138.115 . 52.24.205.101

パートナーアプリケーションの起動

パートナーアプリケーションがSnowflakeに接続された後、

  1. Snowflake Partner Connect ページで、対応するタイルをクリックします。

  2. Launch ボタンをクリックして、パートナーのウェブサイトを開きます。

パートナーアカウントからの接続解除

何らかの理由でPartner Connectから開始された試用アカウントを停止する場合は、次のステップを実行します。

  1. Snowsight または classic web interface のいずれかにログインします。

  2. ACCOUNTADMIN をインターフェイスでアクティブなロールにします。

    いずれかのインターフェイス

    ログイン名の横にあるドロップダウンメニュー、 Switch Role » ACCOUNTADMIN の順にクリックして、アカウント管理者のロールに変更します。

  3. Partner Connect ページを開きます。

    Snowsight

    Select Admin » Partner ConnectPartner Connect ページが開きます。

    Classic Web Interface

    Partner Connect Partner Connect tab をクリックします。 Snowflake Partner Connect ページが開きます。

  4. 接続解除するパートナーアプリケーションのタイルをクリックします。開いたダイアログで、初期接続プロセス中にパートナーアプリケーション用として作成されたデータベース、ウェアハウス、システムユーザー、およびカスタムロールオブジェクトの名前をメモします。

  5. 適切な DROP <オブジェクト> コマンドを使用して、パートナーアプリケーション用に作成された各オブジェクトを削除します。

    ちなみに

    最初の接続プロセス中に、パートナーアプリケーションで使用する既存のデータベースを指定した場合は、他のオブジェクトとともに自動的に作成された、 PC_<パートナー>_DB_PICKER_ROLE ロールもドロップすることを忘れないでください。

  6. Snowflakeサポート に連絡して、パートナー接続をクリアし、 Partner Connect のパートナータイルからチェックマークを外します。

  7. トライアルの有効期限が切れない場合は、パートナーに連絡してトライアルへの参加を終了します。

接続のトラブルシューティング

接続が既に存在します

パートナーと直接、またはSnowflakeアカウントの別のアカウントでPartner Connectを使用して開始されたパートナーとのアカウントが既に組織にある場合、もう1つのトライアルアカウントを開始しようとすると失敗し、接続が既に存在するというメッセージが表示されることがあります。

この場合、このアカウントのトライアルはパートナーを通じて直接開始する必要があります。

最上部に戻る