カテゴリ:

集計関数 (パーセンタイル推定)、 ウィンドウ関数

APPROX_PERCENTILE_ACCUMULATE

集計の終了時にt-Digest状態の内部表現を( JSON オブジェクトとして)返します。(t-Digestの詳細については、 パーセンタイル値の推定 をご参照ください)

関数 APPROX_PERCENTILE は、最終パーセンタイル推定値が返されると、この内部の中間状態を破棄します。ただし、一括読み込み中の増分パーセンタイルの推定など、特定の高度な使用例では、中間状態を維持することを推奨します。この場合、 APPROX_PERCENTILE の代わりに APPROX_PERCENTILE_ACCUMULATE を使用します。

APPROX_PERCENTILE_ACCUMULATE は、パーセンタイル値を返しません。代わりに、アルゴリズムの状態自体を返します。中間状態は後で次のようになる場合があります。

  • 別々ではあるが関連するデータのバッチからの、他の中間状態と結合(マージ)されます。

  • 中間状態で直接動作する他の関数によって処理されます。例: APPROX_PERCENTILE_ESTIMATE (例については、以下の「例」セクションをご参照ください)

  • 外部ツールにエクスポートされます。

こちらもご覧ください:

APPROX_PERCENTILE_COMBINEAPPROX_PERCENTILE_ESTIMATE

構文

APPROX_PERCENTILE_ACCUMULATE( <expr> )

引数

数値に評価される列名などの、有効な式。

使用上の注意

  • パーセンタイルは数値でのみ機能するため、 は数値または数値にキャストできる値を生成する必要があります。

testTable.c1 列のt-Digest状態をテーブルに保存し、その状態を使用してパーセンタイルを計算します。

-- create a table from the accumulated t-Digest state for testtable.c1
create or replace table resultstate as (approx_percentile_accumulate(c1) s from testtable);

-- next use the t-Digest state to compute percentiles for testtable

-- returns an approximated value for the 1.5th percentile of testtable.c1
select approx_percentile_estimate(s, 0.015) from resultstate;

 -- returns an approximated value for the 20th percentile of testtable.c1
 select approx_percentile_estimate(s, 0.2) from resultstate;

より広範な例を次に示します。これは、関連する3つの関数すべての使用方法を示しています: APPROX_PERCENTILE_ACCUMULATEAPPROX_PERCENTILE_ESTIMATEAPPROX_PERCENTILE_COMBINE

簡単なテーブルとデータを作成します。

-- Create a table and insert some rows for which we'll later estimate the 
-- median value (the value at the 50th percentile).
CREATE OR REPLACE TABLE test_table1 (c1 INTEGER);
-- Insert data.
INSERT INTO test_table1 (c1) VALUES (1), (2), (3), (4);

test_table1という名前のテーブルの現在のおおよそのパーセンタイル情報を表す「状態」を含むテーブルを作成します。

CREATE OR REPLACE TABLE resultstate1 AS (
     SELECT approx_percentile_accumulate(c1) AS rs1
        FROM test_table1);

その状態情報を使用して、中央値の現在の推定値を表示します(0.5は、50番目のパーセンタイルの値が必要であることを意味します)。

SELECT approx_percentile_estimate(rs1, 0.5) 
    FROM resultstate1;

出力:

+--------------------------------------+
| APPROX_PERCENTILE_ESTIMATE(RS1, 0.5) |
|--------------------------------------|
|                                  2.5 |
+--------------------------------------+

次に、2番目のテーブルを作成してデータを追加します。(より現実的な状況では、ユーザーは最初のテーブルにより多くのデータを読み込み、データが読み込まれた時間に基づいてデータを重複しないセットに分割できます)

CREATE OR REPLACE TABLE test_table2 (c1 INTEGER);
-- Insert data.
INSERT INTO test_table2 (c1) VALUES (5), (6), (7), (8);

新しいデータのみの「状態」情報を取得します。

CREATE OR REPLACE TABLE resultstate2 AS 
  (SELECT approx_percentile_accumulate(c1) AS rs1 
     FROM test_table2);

行の2つのバッチの「状態」情報を結合します。

CREATE OR REPLACE TABLE combined_resultstate (c1) AS 
  SELECT approx_percentile_combine(rs1) AS apc1
    FROM (
        SELECT rs1 FROM resultstate1
        UNION ALL
        SELECT rs1 FROM resultstate2
      )
      ;

行の結合セットのおおよその中央値を取得します。

SELECT approx_percentile_estimate(c1, 0.5) FROM combined_resultstate;

出力:

+-------------------------------------+
| APPROX_PERCENTILE_ESTIMATE(C1, 0.5) |
|-------------------------------------|
|                                 4.5 |
+-------------------------------------+