カテゴリ:

集計関数 (異なるの値のカウント)

BITMAP_CONSTRUCT_AGG

グループ内の異なる値ごとにビットが設定されたビットマップを返します。

こちらもご参照ください。

階層型集計の異なる値の数の計算

構文

BITMAP_CONSTRUCT_AGG( <relative_position> )

引数

<relative_position>

値のビットの相対位置(BITMAP_BIT_POSITION 関数によって返される)。

戻り値

この関数は、グループ内の異なる値ごとにビットが設定されたビットマップである BINARY 値を返します。

階層型集計の異なる値の数の計算 をご参照ください。