カテゴリ:

集計関数 (異なるの値のカウント)

BITMAP_BIT_COUNT

列に対する異なる値のセットを表すビットマップを指定すると、異なるの値の数を返します。

こちらもご参照ください。

階層型集計の異なる値の数の計算

構文

BITMAP_BIT_COUNT( <bitmap> )

引数

<bitmap>

この式は、 BITMAP_CONSTRUCT_AGG または BITMAP_OR_AGG 関数によって返されるビットマップに評価される必要があります。

戻り値

この関数は、入力ビットマップに設定されたビットで表される、列内の異なる値の数を返します。

階層型集計の異なる値の数の計算 をご参照ください。