カテゴリ:

文字列とバイナリ関数 (一般)

CHR , CHAR

Unicodeコードポイント(7ビット ASCIIを含む)を、入力Unicodeに一致する文字に変換します。無効なコードポイントが指定された場合、エラーが返されます。

CHAR は、 CHRのエイリアスです。

こちらもご覧ください:

ASCIIUNICODE

構文

CHR( <input> )

引数

入力

文字が返されるUnicodeコードポイントです。

これらの例は、有効なUnicodeコードポイントと無効なUnicodeコードポイントに対する関数の動作を示しています。

SELECT column1, CHR(column1)
FROM (VALUES(83), (33), (169), (8364), (0), (null));

+---------+--------------+
| COLUMN1 | CHR(COLUMN1) |
|---------+--------------|
|      83 | S            |
|      33 | !            |
|     169 | ©            |
|    8364 | €            |
|       0 |              |
|    NULL | NULL         |
+---------+--------------+

SELECT column1, CHR(column1)
FROM (VALUES(-1))v;

FAILURE: Invalid character code -1 in the CHR input

SELECT column1, CHR(column1)
FROM (VALUES(999999999999))v;

FAILURE: Invalid character code 999999999999 in the CHR input