カテゴリ:

集計関数 (一般)、 ウィンドウ関数 (一般)

CORR

グループ内のnull以外のペアの相関係数を返します。次の式を使用して、null以外のペアに対して計算されます。

COVAR_POP(y, x) / (STDDEV_POP(x) * STDDEV_POP(y))

x は独立変数、 y は従属変数です。

こちらもご覧ください:

COVAR_POPSTDDEV_POP

構文

集計関数として使用される場合の構文:

CORR( y , x )

ウィンドウ関数として使用される場合の構文:

CORR( y , x ) OVER ( [ PARTITION BY <expr3> ] )

使用上の注意

  • DISTINCT はこの関数ではサポートされていません。

  • ウィンドウ関数として使用する場合:

    • この関数は次をサポートしていません。

      • OVER 句のORDER BY サブ句。

      • ウィンドウフレーム。

CREATE OR REPLACE TABLE aggr(k int, v decimal(10,2), v2 decimal(10, 2));
INSERT INTO aggr VALUES(1, 10, NULL);
INSERT INTO aggr VALUES(2, 10, 11), (2, 20, 22), (2, 25, NULL), (2, 30, 35);

SELECT * FROM aggr;

+---+-------+---------+
| K |     V |      V2 |
|---+-------+---------|
| 1 | 10.00 | NULL    |
| 2 | 10.00 |   11.00 |
| 2 | 20.00 |   22.00 |
| 2 | 25.00 | NULL    |
| 2 | 30.00 |   35.00 |
+---+-------+---------+
SELECT k, CORR(v, v2) FROM aggr GROUP BY k;

+---+-----------------+
| K |     CORR(V, V2) |
|---+-----------------|
| 1 | NULL            |
| 2 |    0.9988445981 |
+---+-----------------+