カテゴリ:

ウィンドウ関数 (ランク関連)

LAG

テーブルをそれ自体に結合することなく、同じ結果セットの前の行のデータにアクセスします。

こちらもご参照ください:

LEAD

構文

LAG ( <expr> [ , <offset> , <default> ] ) [ { IGNORE | RESPECT } NULLS ]
    OVER ( [ PARTITION BY <expr1> ] ORDER BY <expr2> [ { ASC | DESC } ] )

引数

返される文字列式です。

オフセット

値を取得する現在の行から後方の行数。例えば、2の オフセット は、2行の間隔で 値を返します。

負のオフセットを設定すると、 LEAD 関数を使用した場合と同じ効果があります。

デフォルトは1です。

デフォルト

オフセットがウィンドウの境界から出たときに返す式です。 と互換性のある型の式をサポートします。

デフォルトは NULLです。

使用上の注意

  • IGNORE NULLS 句が設定されている場合、オフセット行がカウントされるときに式が NULL と評価される行は含まれません。 { IGNORE | RESPECT } NULLS が指定されていない場合、デフォルトは RESPECT NULLS です。

  • PARTITION BY 句は、 FROM 句によって生成された結果セットを関数が適用されるパーティションに分割します。この句と ORDER BY 句の詳細については、 ウィンドウ関数 をご参照ください。

  • ORDER BY 句は、各パーティション内のデータを順序付けます。

テーブルを作成し、データをロードします。

CREATE OR REPLACE TABLE sales(emp_id INTEGER, year INTEGER, revenue DECIMAL(10,2));
INSERT INTO sales VALUES 
    (0, 2010, 1000), 
    (0, 2011, 1500), 
    (0, 2012, 500), 
    (0, 2013, 750);
INSERT INTO sales VALUES 
    (1, 2010, 10000), 
    (1, 2011, 12500), 
    (1, 2012, 15000), 
    (1, 2013, 20000);
INSERT INTO sales VALUES 
    (2, 2012, 500), 
    (2, 2013, 800);

このクエリは、今年の収益と前年の収益の差を示しています。

SELECT emp_id, year, revenue, 
       revenue - LAG(revenue, 1, 0) OVER (PARTITION BY emp_id ORDER BY year) AS diff_to_prev 
    FROM sales 
    ORDER BY emp_id, year;
+--------+------+----------+--------------+
| EMP_ID | YEAR |  REVENUE | DIFF_TO_PREV |
|--------+------+----------+--------------|
|      0 | 2010 |  1000.00 |      1000.00 |
|      0 | 2011 |  1500.00 |       500.00 |
|      0 | 2012 |   500.00 |     -1000.00 |
|      0 | 2013 |   750.00 |       250.00 |
|      1 | 2010 | 10000.00 |     10000.00 |
|      1 | 2011 | 12500.00 |      2500.00 |
|      1 | 2012 | 15000.00 |      2500.00 |
|      1 | 2013 | 20000.00 |      5000.00 |
|      2 | 2012 |   500.00 |       500.00 |
|      2 | 2013 |   800.00 |       300.00 |
+--------+------+----------+--------------+

別のテーブルを作成し、データをロードします。

CREATE OR REPLACE TABLE t1 (col_1 NUMBER, col_2 NUMBER);
INSERT INTO t1 VALUES 
    (1, 5),
    (2, 4),
    (3, NULL),
    (4, 2),
    (5, NULL),
    (6, NULL),
    (7, 6);

このクエリは、 IGNORE NULLS 句が出力にどのように影響するかを示しています。前の行に NULLが含まれていたとしても、すべての行(最初の行を除く)には非NULL 値が含まれています。前の行に NULLが含まれていた場合、現在の行は最新の非NULL 値を使用します。

SELECT col_1, col_2, LAG(col_2) IGNORE NULLS OVER (ORDER BY col_1) 
    FROM t1
    ORDER BY col_1;
+-------+-------+-----------------------------------------------+
| COL_1 | COL_2 | LAG(COL_2) IGNORE NULLS OVER (ORDER BY COL_1) |
|-------+-------+-----------------------------------------------|
|     1 |     5 |                                          NULL |
|     2 |     4 |                                             5 |
|     3 |  NULL |                                             4 |
|     4 |     2 |                                             4 |
|     5 |  NULL |                                             2 |
|     6 |  NULL |                                             2 |
|     7 |     6 |                                             2 |
+-------+-------+-----------------------------------------------+