カテゴリ:

文字列とバイナリ関数 (マッチング/比較)

LEFT

入力の左端のサブ文字列を返します。LEFT(STR、N)は、 SUBSTR(STR、1、N)と同等です。

こちらもご覧ください

RIGHTSUBSTR , SUBSTRING

構文

LEFT( <string_expr> , <length_expr> )

引数

文字列式

これは VARCHAR または BINARY 値でなければなりません。

長さ式

長さは整数に評価される式でなければなりません。次を指定する必要があります。

  • 入力が VARCHAR の場合に返す UTF-8文字の数。

  • 入力が BINARY の場合に返すバイト数。

長さはゼロ以上でなければなりません。長さが負の数の場合、関数は空の文字列を返します。

戻り値

返される値のデータ型は、入力値のデータ型と同じです(BINARY または VARCHAR)。

照合の詳細

照合は VARCHAR 入力に適用されます。最初のパラメーターの入力データ型が BINARY の場合、照合は適用されません。

照合は構文的に受け入れられますが、照合は処理に影響しません。例えば、2文字と3文字の文字を含む言語(ハンガリー語の「dzs」、チェコ語の「ch」)では、長さ引数として2文字または3文字(1文字ではない)としてカウントされます。

ただし、返される値は、最初の引数の照合仕様を保持します。これは、戻り値がネストされた関数呼び出しの一部として別の関数に渡される場合に役立ちます。

SELECT LEFT('ABCDEFG', 3);

-------------------+
 LEFT('ABCDEF', 3) |
-------------------+
 ABC               |
-------------------+