カテゴリ:

文字列とバイナリ関数 (チェックサム)

MD5_NUMBER_UPPER64

128ビットの MD5 メッセージダイジェストを計算し、それを符号付き128ビットのビッグエンディアンの値として解釈し、数値の上位64ビットを符号なし整数として返します。この表現は、 MD5 ダイジェストの最大効率の保存と比較に役立ちます。

こちらもご参照ください。

MD5 , MD5_HEXMD5_BINARYMD5_NUMBER_LOWER64

構文

MD5_NUMBER_UPPER64(<msg>)

引数

メッセージ

ハッシュされるメッセージの文字列式。

戻り値

メッセージダイジェストの上位64ビットを表す64ビットの符号なし整数。

使用上の注意

MD5* 関数は元々暗号化関数として開発されましたが、現在暗号化は廃止されているため、その目的には使用しないでください。これらは、他の目的(たとえば、偶発的なデータ破損を検出する「チェックサム」機能)に使用できます。

select md5_number_upper64('Snowflake');

+---------------------------------+
| MD5_NUMBER_UPPER64('SNOWFLAKE') |
|---------------------------------|
|            17145559544104499780 |
+---------------------------------+