カテゴリ:

集計関数 (線形回帰)、 ウィンドウ関数

REGR_AVGX

グループ内のnull以外のペアの独立変数の平均を返します。 x は独立変数で、 y は従属変数です。

構文

集計関数

REGR_AVGX(y, x)

ウィンドウ関数

REGR_AVGX(y, x) OVER ( [ PARTITION BY <expr3> ] )

引数

y

従属変数です。これは、数値型に評価できる式でなければなりません。

x

独立変数です。これは、数値型に評価できる式でなければなりません。

式3

これは、行をパーティションにグループ化するために使用されるオプションの式です。

重要

引数の順序に注意してください。従属変数が最初です。

使用上の注意

  • DISTINCT はこの関数ではサポートされていません。

  • 行を平均に含めるには、xおよびyの両方の値がNULL以外でなければなりません。

  • ウィンドウ関数として使用する場合:

    • この関数は次をサポートしていません。

      • OVER()句のORDER BY サブ句。

      • ウィンドウフレーム。

CREATE OR REPLACE TABLE aggr(k int, v decimal(10,2), v2 decimal(10, 2));
INSERT INTO aggr VALUES(1, 10, NULL);
INSERT INTO aggr VALUES(2, 10, 11), (2, 20, 22), (2, 25, NULL), (2, 30, 35);
SELECT k, REGR_AVGX(v, v2) FROM aggr GROUP BY k;

---+------------------+
 k | regr_avgx(v, v2) |
---+------------------+
 1 | [NULL]           |
 2 | 22.666666667     |
---+------------------+