カテゴリ:

文字列とバイナリ関数 (一般)、 半構造化データ関数 (変換/キャスティング)

STRTOK_TO_ARRAY

指定された区切り文字セットを使用して指定された文字列をトークン化し、トークンを配列として返します。

いずれかのパラメーターが NULLの場合、 NULL が返されます。トークン化によりトークンが生成されない場合、空の配列が返されます。

こちらもご参照ください:

STRTOK

構文

STRTOK_TO_ARRAY(<string> [,<delimiter>])

引数

必須:

文字列

トークン化されるテキストです。

オプション:

区切り文字

区切り文字のセットです。オプション。デフォルト値は単一のスペース文字です。

戻り値

返される値のデータ型は ARRAY です。

以下は、 STRTOK_TO_ARRAY を使用して文字列を配列に分割する簡単な例です。

SELECT STRTOK_TO_ARRAY('a.b.c', '.');
+-------------------------------+
| STRTOK_TO_ARRAY('A.B.C', '.') |
|-------------------------------|
| [                             |
|   "a",                        |
|   "b",                        |
|   "c"                         |
| ]                             |
+-------------------------------+

この例では、複数の区切り文字(「。」および「@」)をトークン化します。

SELECT STRTOK_TO_ARRAY('user@snowflake.com', '.@');
+---------------------------------------------+
| STRTOK_TO_ARRAY('USER@SNOWFLAKE.COM', '.@') |
|---------------------------------------------|
| [                                           |
|   "user",                                   |
|   "snowflake",                              |
|   "com"                                     |
| ]                                           |
+---------------------------------------------+