カテゴリ:

文字列とバイナリ関数 (一般)、 データ生成関数

UUID_STRING

バージョン4(ランダム)またはバージョン5(名前付き) RFC 4122準拠の UUID をフォーマットされた文字列として生成します。

構文

UUID_STRING()

UUID_STRING( <uuid> , <name> )

使用上の注意

  • UUID_STRING 文字列としてフォーマットされた128ビット値を返します。乱数生成には、64ビット Mersenneツイスター として知られる MT19937-64が使用されます。

  • UUID_STRING は、RFC 4122に準拠する2つのバージョンの UUIDsの生成をサポートしています:

    • 関数に引数が指定されていない場合、バージョン4(ランダム) UUID が返されます。

    • バージョン5(名前付き) UUID は、最初の引数として uuid 文字列(名前空間として知られている)、2番目の引数として 名前 文字列を提供することで作成できます。

SELECT UUID_STRING();

+--------------------------------------+
| UUID_STRING()                        |
|--------------------------------------|
| 3afd051d-4bd0-4b30-8376-cf062719f090 |
+--------------------------------------+
SELECT UUID_STRING('fe971b24-9572-4005-b22f-351e9c09274d','foo');

+-----------------------------------------------------------+
| UUID_STRING('FE971B24-9572-4005-B22F-351E9C09274D','FOO') |
|-----------------------------------------------------------|
| dc0b6f65-fca6-5b4b-9d37-ccc3fde1f3e2                      |
+-----------------------------------------------------------+