カテゴリ:

ユーザー定義関数、外部関数、およびストアドプロシージャ用の DDL

ALTER FUNCTION

既存のユーザー定義または外部関数のプロパティを変更します。

UDF に他の変更を加えるには、関数( DROP FUNCTION を使用して)をドロップしてから再作成する必要があります。

こちらもご参照ください。

外部関数UDFs (ユーザー定義関数)CREATE FUNCTIONDROP FUNCTIONSHOW USER FUNCTIONSDESCRIBE FUNCTIONCREATE EXTERNAL FUNCTIONDESCRIBE FUNCTIONDROP FUNCTIONSHOW EXTERNAL FUNCTIONS

構文

ユーザー定義および外部関数

ALTER FUNCTION [ IF EXISTS ] <name> ( [ <arg_data_type> , ... ] ) RENAME TO <new_name>

ALTER FUNCTION [ IF EXISTS ] <name> ( [ <arg_data_type> , ... ] ) SET COMMENT = '<string_literal>'

ALTER FUNCTION [ IF EXISTS ] <name> ( [ <arg_data_type> , ... ] ) SET SECURE

ALTER FUNCTION [ IF EXISTS ] <name> ( [ <arg_data_type> , ... ] ) UNSET { SECURE | COMMENT }

外部関数

ALTER FUNCTION [ IF EXISTS ] <name> ( [ <arg_data_type> , ... ] ) SET API_INTEGRATION = <api_integration_name>

ALTER FUNCTION [ IF EXISTS ] <name> ( [ <arg_data_type> , ... ] ) SET HEADERS = ( [ '<header_1>' = '<value>' [ , '<header_2>' = '<value>' ... ] ] )

ALTER FUNCTION [ IF EXISTS ] <name> ( [ <arg_data_type> , ... ] ) SET CONTEXT_HEADERS = ( [ <context_function_1> [ , context_function_2> ...] ] )

ALTER FUNCTION [ IF EXISTS ] <name> ( [ <arg_data_type> , ... ] ) SET MAX_BATCH_ROWS = <integer>

ALTER FUNCTION [ IF EXISTS ] <name> ( [ <arg_data_type> , ... ] ) SET COMPRESSION = <compression_type>

ALTER FUNCTION [ IF EXISTS ] <name> ( [ <arg_data_type> , ... ] ) SET [ REQUEST_TRANSLATOR | RESPONSE_TRANSLATOR ] = <udf_name>

ALTER FUNCTION [ IF EXISTS ] <name> ( [ <arg_data_type> , ... ] ) UNSET { COMMENT | HEADERS | CONTEXT_HEADERS | MAX_BATCH_ROWS | COMPRESSION | SECURE | REQUEST_TRANSLATOR | RESPONSE_TRANSLATOR }

パラメーター

ユーザー定義および外部関数

名前

変更する UDF の識別子を指定します。識別子には、スキーマ名、データベース名、および関数名を含めることができます。識別子にスペースまたは特殊文字が含まれる場合は、文字列全体を二重引用符で囲む必要があります。二重引用符で囲まれた識別子も大文字と小文字が区別されます。

引数データ型 [ , ... ]

外部関数の引数/入力データ型を指定します。

関数が引数を受け入れる場合、 ALTER コマンドは引数の型を指定する必要があります。関数は、名前のオーバーロードをサポート(つまり、同じスキーマ内の2つの関数に同じ名前を付与)し、引数の型を使用して関数を識別するためです。

SET ...

SECURE

機能が安全かどうかを指定します。詳細については、 安全な UDFs をご参照ください。

COMMENT = '文字列リテラル'

関数のコメントを追加するか、既存のコメントを上書きします。指定した値は、 SHOW FUNCTIONS および SHOW USER FUNCTIONS 出力の DESCRIPTION 列に表示されます。

UNSET ...

関数のプロパティをデフォルトにリセットする、プロパティの設定解除を指定します。

ユーザー定義関数

RENAME TO 新しい名前

UDFの新しい識別子を指定します。識別子と既存の引数データ型の組み合わせは、スキーマに対して一意である必要があります。

詳細については、 識別子の要件 をご参照ください。

注釈

UDF の新しい名前を指定する場合、引数のデータ型または括弧を指定せず、新しい名前のみを指定します。

オブジェクトの名前を変更すると、そのオブジェクトを参照する他のオブジェクトも新しい名前で更新する必要があります。

外部関数

RENAME TO 新しい名前

関数の識別子を指定します。

関数は名前と引数のタイプによって識別および解決されるため、識別子は、関数が作成されるスキーマに対して一意である必要はありません。ただし、署名(名前とパラメーターのデータ型)はスキーマ内で一意である必要があります。

名前 は、Snowflake 識別子 のルールに従う必要があります。詳細については、 識別子の要件 をご参照ください。

注釈

外部関数に 新しい 名前を指定するときは、引数のデータ型または括弧を指定しないでください。関数は以前と同じ引数を使用し続けます。

API統合名

これは、プロキシサービスへの呼び出しを認証するために使用する必要がある API 統合オブジェクトの名前です。

このパラメーターの詳細は、 CREATE EXTERNAL FUNCTION にあります。

[ HEADERS = ( '<header_1>' = '<value>' [ , '<header_2>' = '<value>' ... ] ) ]

この句を使用すると、すべてのリクエストで送信されるキー値のメタデータを添付できます。

値は、式ではなく定数文字列でなければなりません。

このパラメーターの詳細は、 CREATE EXTERNAL FUNCTION にあります。

CONTEXT_HEADERS (...)

これは headers に似ていますが、定数文字列のみを許可する代わりに、Snowflakeコンテキスト関数の結果を HTTP ヘッダーにバインドできるようにします。

各値は、コンテキスト関数の名前でなければなりません。名前は引用符で囲まないでください。

このパラメーターの詳細は、 CREATE EXTERNAL FUNCTION にあります。

COMPRESSION = <compression_type>

この句が指定されている場合は、Snowflakeからプロキシサービスに送信されるとき、およびプロキシサービスからSnowflakeに返信されるときに、指定された形式を使用して JSON ペイロードを圧縮します。

<圧縮タイプ> の有効な値の詳細については、 CREATE EXTERNAL FUNCTION をご参照ください。

[ REQUEST_TRANSLATOR | RESPONSE_TRANSLATOR ] = <udf_name>

外部関数にまだリクエストトランスレーターまたは応答トランスレーターがない場合は、リクエストトランスレーターまたは応答トランスレーターを追加するか、以前に作成した JavaScript UDF の名前を指定して、既存のリクエストトランスレーターまたは応答トランスレータを置き換えます。詳細については、 リモートサービスに対するデータのあるリクエストトランスレーターおよび応答トランスレーターの使用 をご参照ください。

使用上の注意

  • 関数をマネージドアクセススキーマに(ALTER FUNCTION ... RENAME TO 構文を使用して)移動することは、関数の所有者(つまり、 OWNERSHIP 権限を持つロール)がターゲットスキーマも所有している場合を 除き、 禁止されています。

  • メタデータについて、

    注意

    Snowflakeサービスを使用する場合、お客様は、個人データ(ユーザーオブジェクト向け以外)、機密データ、輸出管理データ、またはその他の規制されたデータがメタデータとして入力されていないことを確認する必要があります。詳細については、 Snowflakeのメタデータフィールド をご参照ください。

ユーザー定義関数

外部関数

  • API_INTEGRATION の UNSET コマンドはありません。API_INTEGRATION は変更できますが、設定を解除することはできません。詳細については、 ALTER API INTEGRATION をご参照ください。

関数の名前を function1 から function2 に変更します。

ALTER FUNCTION IF EXISTS function1(number) RENAME TO function2;

通常の関数 function2 をセキュア関数に変換します。

ALTER FUNCTION function2(number) SET SECURE;

外部関数

外部関数の API 統合を変更します。

ALTER FUNCTION function4(number) SET api_integration = api_integration_2;

外部関数のバッチあたりの最大行数を設定します。

ALTER FUNCTION function5(number) SET max_batch_rows = 100;
最上部に戻る