カテゴリ:

ウェアハウスとリソースモニター DDL

ALTER RESOURCE MONITOR

既存のリソースモニターのプロパティとトリガーを変更します。このコマンドを使用して、クレジットクォータの増減、スケジューリング情報の変更、またはリソースモニターのトリガーの変更/交換を行います。

こちらもご参照ください。

CREATE RESOURCE MONITORDROP RESOURCE MONITORSHOW RESOURCE MONITORSALTER WAREHOUSEALTER ACCOUNT

構文

ALTER RESOURCE MONITOR [ IF EXISTS ] <name> [ SET { [ CREDIT_QUOTA = <num> ]
                                                    [ FREQUENCY = { MONTHLY | DAILY | WEEKLY | YEARLY | NEVER } ]
                                                    [ START_TIMESTAMP = { <timestamp> | IMMEDIATELY } ]
                                                    [ END_TIMESTAMP = <timestamp> ] } ]
                                            [ NOTIFY_USERS = ( <user_name> [ , <user_name> , ... ] )
                                            [ TRIGGERS triggerDefinition [ triggerDefinition ... ] ]

条件:

triggerDefinition ::=
   ON <threshold> PERCENT DO { SUSPEND | SUSPEND_IMMEDIATE | NOTIFY }

パラメーター

name

変更するリソースモニターの識別子を指定します。識別子にスペースまたは特殊文字が含まれる場合、文字列全体を二重引用符で囲む必要があります。二重引用符で囲まれた識別子も大文字と小文字が区別されます。

SET ...

CREDIT_QUOTA = num

頻度間隔ごとにリソースモニターに割り当てられたクレジットの数を指定します。モニターに割り当てられたすべてのウェアハウスの合計使用量が現在の頻度間隔でこの数に達すると、リソースモニターはクォータの100%にあると見なされます。

リソースモニターに値が指定されていない場合、モニターにはクォータがなく、指定された間隔内で使用率が100%に達することはありません。

FREQUENCY = MONTHLY | DAILY | WEEKLY | YEARLY | NEVER

クレジット使用状況が 0 にリセットされる頻度間隔。

頻度を NEVER に指定した場合、ウェアハウスのクレジット使用状況はリセットされません。

START_TIMESTAMP = timestamp | IMMEDIATELY

リソースモニターが割り当てられたウェアハウスのクレジット使用状況のモニタリングを開始する日時。

開始タイムスタンプに IMMEDIATELY を指定すると、現在のタイムスタンプが使用されます。

時刻なしで日付を指定すると、現在の時刻が使用されます。

タイムゾーンを指定せずに時間を設定すると、デフォルトのタイムゾーンとして UTC が使用されます。

END_TIMESTAMP = timestamp

リソースモニターが割り当てられたウェアハウスを一時停止する日時。

NOTIFY_USERS = ( user_name [ , user_name , ... ] )

リソースモニターで電子メール通知を受信する、ユーザーのリストを指定します。ユーザー識別子にスペースや特殊文字が含まれている場合、または大文字と小文字が区別される場合は、IDを二重引用符で囲む必要があります(例:"Mary Smith")。詳細については 識別子の要件 をご参照ください。

ユーザー識別子 user_name は、 SHOW USERS の出力からの name 列の値です。

リストされている各ユーザーは、確認済みのメールアドレスを持っている必要があります。ウェブインターフェイスでメールアドレスを確認する手順については、以下をご参照ください。

管理者以外のユーザーの電子メール通知は、管理者の電子メール通知を置き換えるものではありません。 有効な電子メール通知 を持つアカウント管理者は、引き続き電子メール通知を受信します。

注釈

  • 管理者以外のユーザーには、次の制限が適用されます。

    • 管理者以外のユーザーには電子メールで通知されますが、従来のウェブインターフェイスには通知を表示することはできません。

    • 管理者以外のユーザーは、リソースモニターを作成できません。

    • 通知は、個別のウェアハウスのリソースモニターに限定されます。管理者以外のユーザーは、アカウントレベルのリソースモニターに関する通知を受信できません。

    • 管理者以外のユーザーは、他のユーザーに通知を割り当てることはできません。

TRIGGERS ... (別名、 アクション

リソースモニターの1つ以上のトリガーを指定します。各トリガー定義は次の要素で構成されます。

  • ON threshold PERCENT (使用率。 100 より大きい値がサポートされています)

  • DO SUSPEND | SUSPEND_IMMEDIATE | NOTIFY (しきい値に達したときに実行するアクション)。

詳細については、 CREATE RESOURCE MONITOR をご参照ください。

使用上の注意

  • リソースモニターに対して SUSPEND または SUSPEND_IMMEDIATE トリガーがアクティブであり、指定された頻度間隔でトリガーのしきい値に達しなかったため、割り当てられたすべてのウェアハウスが開始/再開されない場合、このコマンドを使用して、クレジットクォータをトリガーのしきい値より増やすか、またはトリガーをより高いしきい値の新しいトリガーに置き換えることができます。

    リソースモニターのクレジットクォータまたはトリガーしきい値が増加すると、割り当てられたウェアハウスを開始または再開できます。

  • TRIGGERS パラメーターは、付加的 ではありません (つまり、リソースモニターの既存のトリガーをすべて削除し、指定されたトリガーに置き換えます)。

    その結果、既存のトリガーに追加するには、新しいトリガーを指定し、 さらに 既存のトリガーを複製する必要があります。

  • リソースモニターで frequency および start_timestamp パラメーターが設定されている場合、クレジット使用状況のリセットの日はそれらのパラメーターに基づいて計算されます。クレジット使用状況が 0 にリセットされる時間は、 start_timestamp で指定された時間に関係なく、12:00 AM UTC です。

  • 通知リスト内の管理者以外のユーザーがメールアドレスを変更し、新しいメールアドレスを確認しない場合、通知はエラーを出さずに失敗します。

  • 通知リストは、最大5名の管理者以外のユーザーに制限されています。

  • アカウント管理者は、 notify_user 列の SHOW RESOURCE MONITORS の出力で管理者以外のユーザーの通知リストを表示できます。

  • メタデータについて、

    注意

    Snowflakeサービスを使用する場合、お客様は、個人データ(ユーザーオブジェクト向け以外)、機密データ、輸出管理データ、またはその他の規制されたデータがメタデータとして入力されていないことを確認する必要があります。詳細については、 Snowflakeのメタデータフィールド をご参照ください。

limiter リソースモニターに新しいクレジットクォータを指定し、モニターの既存のトリガーを新しいトリガーセットに置き換えます。

ALTER RESOURCE MONITOR limiter
  SET CREDIT_QUOTA=2000
  TRIGGERS ON 80 PERCENT DO NOTIFY
           ON 100 PERCENT DO SUSPEND_IMMEDIATE;

クレジットクォータの80%に達したときに、3人のユーザーに通知を送信するようにリソースモニターを変更します。この例では、2人のユーザーの user_name にスペースが含まれているため、ユーザー名は二重引用符で囲まれています。

alter resource monitor limiter
  set credit_quota=2000
  notify_users = (jdoe, "jane smith", "john doe")
  triggers on 80 percent do notify
           on 100 percent do suspend_immediate
最上部に戻る