リソースモニターの操作

Snowflakeは、コストを管理し、ウェアハウスの実行に起因する予期しないクレジット使用状況を回避するために、 リソースモニター を提供しています。仮想ウェアハウスは、実行中にSnowflakeクレジットを消費します。

リソースモニターを使用して、以下で消費されるクレジットの数に制限を課すことができます。

  • ユーザー管理の仮想ウェアハウス

  • クラウドサービスで使用する仮想ウェアハウス

消費されるクレジットの数は、ウェアハウスのサイズと実行時間によって異なります。

指定された間隔または日付範囲に制限を設定できます。これらの制限に達するか近くになった場合、リソースモニターにより、アラート通知の送信やウェアハウスの一時停止などのさまざまなアクションをトリガーできます。

リソースモニターは、アカウント管理者(ACCOUNTADMIN ロールのあるユーザー)のみが作成できます。ただし、アカウント管理者には、他のロールのユーザーがリソースモニターを表示および変更できるようにする選択肢があります。

このトピックの内容:

概要

リソースモニターのプロパティ

リソースモニターはSnowflakeのファーストクラスオブジェクトであり、次のプロパティで構成されています。

クレジットクォータ

クレジットクォータは、指定された頻度の間隔でモニターに割り当てられるSnowflakeクレジットの数を指定します。任意の数を指定できます。

さらに、Snowflakeは、監視に割り当てられたすべてのウェアハウスにおいて、指定された頻度間隔内で 使用済みクレジット/クォータ を追跡します。指定した間隔で、この数値は 0 にリセットされます。

クレジットクォータは、ユーザー管理の仮想ウェアハウスとクラウドサービスで使用する仮想ウェアハウスの両方で消費されるクレジットを考慮します。

たとえば、リソースモニターの制限は1000クレジットに設定されているとします。ウェアハウスが700クレジットを消費し、クラウドサービスが指定された間隔または日付範囲内で300クレジットを消費すると、アラートがトリガーされます。

注釈

リソースモニターの制限は、クラウドサービスの毎日の10%調整を考慮せず、クラウドサービスの使用量の全量に基づいています。クラウドサービスのクレジットと調整の計算方法の詳細については、 クラウドサービスの使用に対する請求について をご参照ください。

クラウドサービスのクレジット使用状況を表示する方法については、 クラウドサービスのクレジット使用状況の表示 をご参照ください。

モニターレベル

このプロパティは、アカウント全体(アカウント内のすべてのウェアハウス)または個々のウェアハウスの特定のセットのクレジット使用状況を監視するためにリソースモニターを使用するかどうかを指定します。

このプロパティが設定されていない場合、リソースモニターはクレジット使用状況を監視しません。単に休止状態のままとなります。

スケジュール

リソースモニターのデフォルトのスケジュールでは、クレジットの使用状況の監視をすぐに開始し、使用済みクレジットを各暦月の初め(つまり、標準のSnowflake請求サイクルの開始)に 0 にリセットするように指定しています。

ただし、オプションで、次のプロパティを使用してリソースモニターのスケジュールをカスタマイズできます。

頻度

指定された開始日時に 関連して 、使用済みクレジットがリセットされる間隔です。

サポートされている値:

  • 毎日

  • 毎週

  • 毎月

  • 毎年

  • なし(使用済みクレジットがリセットされることはありません。割り当てられたウェアハウスはクレジットクォータに達するまでクレジットを使用し続けます)

開始

リソースモニターが割り当てられたウェアハウスの監視を開始する日時(タイムスタンプ)。

サポートされている値:

  • すぐに(つまり、現在のタイムスタンプ)

  • 後で(つまり、将来のタイムスタンプ)

さらに、Snowflakeはこの日付と時刻を使用して、指定された頻度に基づき、使用済みクレジットをリセットする時期を決定します。例えば、開始が2019年7月15日(月)の8:00 AMの場合:

  • 頻度 = 毎月:翌月の15日の8:00 AM に使用済みクレジットがリセットされます。

  • 頻度 = 毎週:翌月曜日の8:00 AM に使用済みクレジットがリセットされます。

開始日として月の最後の日を指定すると、Snowflakeは、その月の日数に関係なく、後続のすべての月の最後の日に使用済みクレジットをリセットします。例えば、開始日を1月31日に設定すると、Snowflakeは2月28日(またはうるう年の2月29日)、3月31日、4月30日などにリソースモニターの使用済みクレジットをリセットします。

終了

使用済みクレジットがリソースモニターのアクションに対して定義されたしきい値に到達したかどうかに関係なく、Snowflakeがリソースモニターに関連付けられたウェアハウスを一時停止する日時(タイムスタンプ)(このトピックの次のセクションを参照)。

サポートされている値:将来のタイムスタンプ。

このプロパティは通常は使用されないことに注意してください。

重要

リソースモニターのスケジュールをカスタマイズすることを選択した場合、頻度はデフォルトのスケジュールとは異なり、指定された開始日時に 比例 します。

また、頻度を指定する場合は、開始日時も指定する必要があり、逆も同様です(つまり、一方を設定せずに他方を設定することはできません)。

アクション

トリガー とも呼ばれる各アクションはリソースモニターのクレジットクォータのパーセンテージとしてしきい値を指定し、指定された間隔内でしきい値に達したときに実行するアクションを指定します。アクションは 100 より大きいしきい値をサポートすることに注意してください。

リソースモニターは、次のアクションをサポートします。

通知と一時停止

(通知が有効になっているすべてのアカウント管理者に)通知を送信し、ウェアハウスで実行されているすべてのステートメントが完了した後、割り当てられたすべてのウェアハウスを一時停止します。

通知と即時一時停止

(通知が有効になっているすべてのアカウント管理者に)通知を送信し、割り当てられたすべてのウェアハウスを即時一時停止します。これにより、その時点でウェアハウスによって実行されていたステートメントがキャンセルされます。

通知

アクションは実行しませんが、(通知が有効になっているすべてのアカウント管理者に)アラート通知を送信します。

各リソースモニターは、次のアクションを実行できます。

  • 1つの 一時停止 アクション。

  • 1つの 即時停止 アクション。

  • 最大5つの 通知 アクション。

注釈

リソースモニターには、少なくとも1つのアクションが定義されている必要があります。アクションが定義されていない場合、使用済みクレジットがしきい値に達しても何も起こりません。

リソースモニターの割り当て

アカウントレベルで単一のモニターを設定して、アカウント内のすべてのウェアハウスのクレジット使用状況を制御できます。

加えて、モニターを1つ以上のウェアハウスに割り当てて、割り当てられた各ウェアハウスのクレジット使用状況を制御できます。ただし、ウェアハウスは1つのリソースモニターにのみ割り当てることができます。

次の図は、1つのリソースモニターがアカウントレベルで設定され、個々のウェアハウスが他の2つのリソースモニターに割り当てられるシナリオを示しています。

Warehouse and resource monitor relationships

この図に基づいて、

  • アカウント全体のクレジットクォータは、リソースモニター1によって制御される間隔(月、週など)で5000です。間隔内でこのクォータに達すると、リソースモニターに定義されたアクション(一時停止即時一時停止 など)が5つのウェアハウスすべてに適用されます。

  • ウェアハウス3は、間隔内で最大1000クレジットを消費できます。

  • ウェアハウス4と5は、間隔内で合計で最大2500クレジットを消費できます。

アカウントのクォータに最初に達した場合、ウェアハウス3、4、および5によって消費される実際のクレジットはクォータよりも少ない場合があることに注意してください。

重要

アカウントレベルのリソースモニターは、個々のウェアハウスのリソースモニターの割り当てを上書きしません。アカウントリソースモニターまたはウェアハウスリソースモニターのいずれかが定義済みのしきい値に達し、一時停止アクションが定義されている場合、ウェアハウスは一時停止されます。

これにより、グローバルなクレジット使用状況を制御しながら、個々の/特定のウェアハウスをきめ細かく制御できます。

加えて、アカウントレベルのリソースモニターは、Snowflakeが提供するウェアハウス(Snowpipe、自動再クラスタリング、およびマテリアライズドビューに使用)によるクレジット使用状況を制御しません。モニターは、アカウントで作成された仮想ウェアハウスのみを制御します。

ウェアハウスの一時停止と再開

リソースモニターの使用済みクレジットは、指定された間隔内で割り当てられたすべてのウェアハウスで消費されるすべてのクレジットの合計を反映します。モニターに 一時停止 または 即時一時停止 アクションが定義されており、使用済みクレジットがアクションのしきい値に達すると、モニターに割り当てられたウェアハウスはすべて一時停止され、次の条件のいずれかが満たされるまで再開できません。

  • モニターの開始日によって決まる次の間隔(ある場合)が開始されます。

  • モニターのクレジットクォータが増加します。

  • 一時停止アクションのクレジットしきい値が増加します。

  • これで、ウェアハウスはモニターに割り当てられなくなります。

  • モニターはドロップされます。

ちなみに

リソースモニターは、時間単位で消費を厳密に制御することを目的としていません。間隔(日、週、月など)ごとのクレジット消費を追跡および制御するためのものです。また、クレジット使用状況に(個々のクレジットのレベルまで)正確な制限を設定することも意図していません。例えば、リソースモニターのクレジットクォータのしきい値に達すると、割り当てられたウェアハウスは、アクションが 即時一時停止 である場合でも、一時停止までに時間がかかり、追加のクレジットが消費されます。

クォータを厳密に適用する場合は、次をお勧めします。

  • アクションのクォータしきい値でバッファを使用します(例えば、しきい値を100%ではなく90%に設定します)。

    これにより、クレジット使用状況がクォータを超えないようにすることができます。

  • 個々のウェアハウスのクレジット使用状況をより厳密に制御するには、各リソースモニターに1つのウェアハウスのみを割り当てます。

    複数のウェアハウスが同じリソースモニターに割り当てられている場合、それらは同じクォータしきい値を共有するため、1つのウェアハウスのクレジット使用状況が他の割り当てられたウェアハウスに影響を与える可能性があります。

リソースモニター通知

リソースモニターは、アクションのしきい値に達すると、実行されたアクションに基づいて、次の通知のいずれかを生成します。

  • 実行中のすべてのクエリが完了すると、割り当てられたウェアハウスは一時停止されます。

  • 割り当てられたウェアハウスで実行中のすべてのクエリはキャンセルされ、ウェアハウスは即時一時停止になります。

  • しきい値に達しましたが、アクションは実行されていません。

通知は、通知の受信を有効にしたすべてのアカウント管理者に送信されます。

重要

アカウント管理者は、ウェブインターフェイスおよび/または電子メールを介して通知を受信できます。ただし、デフォルトでは、通知は有効化されて いません

  • 通知を受け取るには、各アカウント管理者がウェブインターフェイスの設定で通知を明示的に有効化する 必要があります

  • 加えて、アカウント管理者が電子メール通知の受信を選択した場合、電子メールを受信する前に、有効な電子メールアドレスを提供する(およびアドレスを確認する)必要があります。

リソースモニター用 DDL

Snowflakeには、リソースモニターを作成および使用/管理するための次の DDL コマンドが用意されています。

加えて、次の DDL コマンドを使用して、リソースモニターをウェアハウスに割り当て、ウェアハウスがモニターに割り当てられているかどうかを表示できます。

リソースモニターのアクセス制御権限

デフォルトでは、リソースモニターはアカウント管理者のみが作成できるため、アカウント管理者のみが表示および管理できます。

ただし、Snowflakeでは、必要に応じて、他のユーザーがリソースモニターを表示および変更できるようにすることができます。この機能は、指定されたリソースモニターで指定されたロールに付与できる次のアクセス制御権限を通じて実装されます。

  • MONITOR

  • MODIFY

詳細については、 アクセス制御権限 および GRANT <権限> ... TO ROLE をご参照ください。

通知受信の有効化

アカウント管理者は、リソースモニターによって生成された通知を受信する前に、ウェブインターフェイスで自分宛の通知を有効化する必要があります。

ウェブインターフェイスで通知を有効化するには、次を実行します。

  1. ACCOUNTADMIN ロールを使用していることを確認してください。そうでない場合は、右上隅の名前の横にあるドロップダウンメニューで、 Switch role » ACCOUNTADMIN を選択します。

  2. 同じドロップダウンメニューで、 Preferences » Notifications を選択します。

  3. いずれかのオプションを選択します。 Email または All を選択し、検証済みの電子メールアドレスがまだない場合は、電子メールアドレスを入力する必要があります。

  4. 電子メールアドレスを入力する場合、画面に表示される指示に従ってアドレスを検証する必要があります。

リソースモニターの作成

リソースモニターは、ウェブインターフェイスまたは SQL を使用して作成できます。ただし、リソースモニターを作成できるのは、アカウント管理者(ACCOUNTADMIN ロールのあるユーザー)のみです。

重要

少なくとも1つのウェアハウスをリソースモニターに割り当てるか、アカウントレベルでモニターを設定してクレジット使用状況の監視/追跡を開始する 必要があります

  • ウェブインターフェイスでは、作成時にこれを行う必要があります。

  • SQL では、最初にリソースモニターを作成してから、 ALTER WAREHOUSE を別の追加ステップとして実行して、1つ以上のウェアハウスを割り当てる必要があります。

また、リソースモニターアクションがトリガーされたときに通知を受け取るには、ウェブインターフェイスの設定で通知を有効化する 必要があります

デフォルトスケジュールによるリソースモニターの作成

デフォルトスケジュールを使用するリソースモニターを作成するには(監視をすぐに開始し、各暦月の最初の日にリセットするには)、次を実行します。

ウェブインターフェイス
  1. ACCOUNTADMIN ロールを使用していることを確認してください。

  2. Account Account tab » Resource Monitors » Create Resource Monitor をクリックします。

  3. 名前とクォータを入力します。

  4. アカウントまたは個々のウェアハウスのモニターにリソースモニターを使用するかどうかを指定します。

  5. 少なくとも1つの一時停止アクションのしきい値を入力します。また、最大5つの通知アクションを指定して、ウェアハウスを一時停止せずにアラートを送信することもできます。

SQL

SQL では、このタスクは2つのステップで実行されます。

  1. CREATE RESOURCE MONITOR コマンドを実行しますが、スケジューリングプロパティは指定しません。

  2. ALTER WAREHOUSE コマンドを実行してウェアハウスをリソースモニターに割り当てる、 またはALTER ACCOUNT コマンドを使用してアカウントのリソースモニターを設定します。

例:

  • すぐに監視を開始し、各月の初めにリセットし、使用済みクレジットがクレジットクォータの100%に達すると、割り当てられたウェアハウスを一時停止するモニターを作成するには、次を実行します。

    USE ROLE ACCOUNTADMIN;
    
    CREATE OR REPLACE RESOURCE MONITOR limit1 WITH CREDIT_QUOTA=1000
      TRIGGERS ON 100 PERCENT DO SUSPEND;
    
    ALTER WAREHOUSE wh1 SET RESOURCE_MONITOR = limit1;
    

    SUSPEND アクションは、現在実行中のクエリが完了するのを待ってから、ウェアハウスを一時停止します。これは、トリガーが起動する前に開始されたクエリが完了するまで実行され、クォータに達した後でもウェアハウスがクレジットを消費することを意味します。

  • 最初の例と同様のモニターを作成しますが、クォータに達した後にアカウント内のすべてのウェアハウスがクレジットを消費しないように90%で一時停止し、100%で即時一時停止します。

    USE ROLE ACCOUNTADMIN;
    
    CREATE OR REPLACE RESOURCE MONITOR limit1 WITH CREDIT_QUOTA=1000
      TRIGGERS ON 90 PERCENT DO SUSPEND
               ON 100 PERCENT DO SUSPEND_IMMEDIATE;
    
    ALTER WAREHOUSE wh1 SET RESOURCE_MONITOR = limit1;
    

    この例では、使用状況が90%に達すると通知が生成され、割り当てられたウェアハウスが一時停止されます。これにより、ウェアハウスは新しいクエリを実行できなくなりますが、現在実行中のクエリは完了できます。割り当てられたウェアハウスの使用状況が100%に達すると、通知が生成され、ウェアハウスは即時一時停止され、現在実行中のすべてのクエリがキャンセルされます。

  • 最初の例と同様、割り当てられたウェアハウスがクォータを10%を超え、使用済みクレジットがクォータの半分と4分の3ポイントに達するとアカウント管理者に警告する2つの通知アクションを含むモニターを作成するには、次を実行します。

    USE ROLE ACCOUNTADMIN;
    
    CREATE OR REPLACE RESOURCE MONITOR limit1 WITH CREDIT_QUOTA=1000
       TRIGGERS ON 50 PERCENT DO NOTIFY
                ON 75 PERCENT DO NOTIFY
                ON 100 PERCENT DO SUSPEND
                ON 110 PERCENT DO SUSPEND_IMMEDIATE;
    
    ALTER WAREHOUSE wh1 SET RESOURCE_MONITOR = limit1;
    

    この例では:

    • 50%および75%の使用状況に達すると、通知を有効化したすべてのアカウント管理者にアラート通知が送信されますが、他のアクションは実行されません。

    • 使用状況が100%に達すると、割り当てられたウェアハウスは一時停止されます。

    • 使用状況が110%に達したときにウェアハウスがまだ実行されている場合、即時一時停止されます。

カスタムスケジュールによるリソースモニターの作成

デフォルト以外のスケジュールを使用するリソースモニターを作成するには、次を実行します。

ウェブインターフェイス
  1. ACCOUNTADMIN ロールを使用していることを確認してください。

  2. Account Account tab » Resource Monitors » Create Resource Monitor をクリックします。

  3. 名前とクォータを入力します。

  4. アカウントまたは個々のウェアハウスのモニターにリソースモニターを使用するかどうかを指定します。

  5. Schedule フィールドで Customize リンクをクリックし、必要に応じて次のプロパティの1つ以上を指定します。

    • 指定した頻度に基づいて使用済みクレジットをリセットします。

    • クレジット使用状況の監視をすぐに開始するか、後で開始します。

    • クレジットクォータのしきい値に達しているかどうかに関係なく、指定された終了日時にウェアハウスを一時停止します。

  6. 少なくとも1つの一時停止アクションのしきい値を入力します。また、最大5つの通知アクションを指定して、ウェアハウスを一時停止せずにアラートを送信することもできます。

SQL

次の1つ以上のスケジューリングプロパティを使用して、 CREATE RESOURCE MONITOR コマンドを実行します。

  • FREQUENCY

  • START_TIMESTAMP

  • END_TIMESTAMP

例:

  • (現在のタイムスタンプに基づいて)即時開始し、同じ日時に毎月リセットし、終了日時がなく、使用済みクレジットがクォータの100%に達したときに割り当てられたウェアハウスを一時停止するアカウントレベルのリソースモニターを作成するには、次を実行します。

    USE ROLE ACCOUNTADMIN;
    
    CREATE OR REPLACE RESOURCE MONITOR limit1 WITH CREDIT_QUOTA=1000
        FREQUENCY = MONTHLY
        START_TIMESTAMP = IMMEDIATELY
        TRIGGERS ON 100 PERCENT DO SUSPEND;
    
    ALTER WAREHOUSE wh1 SET RESOURCE_MONITOR = limit1;
    
  • 将来の特定の日時に開始し、同じ日時に毎週リセットし、終了日時がなく、割り当てられた2つのウェアハウスの異なるしきい値で2つの異なる一時停止アクションを実行するリソースモニターを作成するには、次を実行します。

    USE ROLE ACCOUNTADMIN;
    
    CREATE OR REPLACE RESOURCE MONITOR limit1 WITH CREDIT_QUOTA=2000
        FREQUENCY = WEEKLY
        START_TIMESTAMP = '2019-03-04 00:00 PST'
        TRIGGERS ON 80 PERCENT DO SUSPEND
                 ON 100 PERCENT DO SUSPEND_IMMEDIATE;
    
    ALTER WAREHOUSE wh1 SET RESOURCE_MONITOR = limit1;
    
    ALTER WAREHOUSE wh2 SET RESOURCE_MONITOR = limit1;
    

注釈

カスタマイズされたリソースモニターのスケジュールをデフォルトに戻すことはできません。モニターをドロップして、新しいモニターを作成する必要があります。

リソースモニターの変更

既存のリソースモニターの次のプロパティを変更できます。

  • モニターのクレジットクォータを増減します。

  • モニターでアカウントを監視している場合、個々のウェアハウスを監視するように変換します。

  • モニターが個々のウェアハウスを監視している場合は、次を実行します。

    • リストからウェアハウスを追加または削除します。

    • アカウントを監視するために変換します。

  • モニターのスケジュール(頻度、開始タイムスタンプ、終了タイムスタンプ)をカスタマイズします。

  • アクションを追加または削除するか、既存のアクションのしきい値の割合を変更します。

注釈

これらのプロパティを変更しても、モニターの現在の使用済みクレジットに影響はありません。すべての変更は、変更が保存された後にのみ使用済みクレジットに影響します。

リソースモニターは、ウェブインターフェイスまたは SQL を使用して変更できます。

ウェブインターフェイス
  1. ACCOUNTADMIN ロール(または目的のリソースモニターで MODIFY 権限が付与されているロール)を使用していることを確認してください。

  2. Account Account tab » Resource Monitors をクリックします。

  3. リソースモニターをクリックします。

  4. Edit をクリックします。

SQL

使用する SQL コマンドは、行っている変更によって異なります。

  • クォータを変更する、スケジュールをカスタマイズする、またはアクションを追加/削除/変更するには、 ALTER RESOURCE MONITOR コマンドを実行します。

  • モニターレベルを変更するには、 ALTER WAREHOUSE または ALTER ACCOUNT コマンドを実行します。

例えば、 limit1 のクレジットクォータを 3000 に増やすには、次を実行します。

ALTER RESOURCE MONITOR limit1 SET CREDIT_QUOTA=3000;

注釈

リソースモニターにカスタマイズされたスケジュールがある場合、スケジュールをデフォルトに戻すことはできません。モニターをドロップして、新しいモニターを作成する必要があります。

アカウントのリソースモニターの設定

リソースモニターは、ウェブインターフェイスまたは SQL のいずれかを介してアカウントに設定できます。

ウェブインターフェイス

このプロセスは、リソースモニターの作成または変更と同じです(このトピックの手順をご参照ください)。

SQL

SQL では、このタスクは2つのステップで実行されます。

  1. CREATE RESOURCE MONITOR を使用して、リソースモニターを作成します(まだない場合)。

  2. ALTER ACCOUNT を使用して、作成したリソースモニターをアカウントのモニターとして設定します。

例:

USE ROLE ACCOUNTADMIN;

CREATE RESOURCE MONITOR accountmax WITH CREDIT_QUOTA=10000
  TRIGGERS ON 100 PERCENT DO SUSPEND;

ALTER ACCOUNT SET RESOURCE_MONITOR = accountmax;

アカウントにリソースモニターが設定されているかどうかを表示するには、ウェブインターフェイスまたは SHOW RESOURCE MONITORS コマンドを使用します。リソースモニターの LEVEL 列には、アカウントまたは個々のウェアハウスに設定されているかどうかが表示されます。

重要

アカウントレベルのリソースモニターは、アカウントで明示的に作成された仮想ウェアハウスのみを制御します。Snowflakeが提供するウェアハウス( Snowpipe自動クラスタリング、および マテリアライズドビュー)によるクレジットの使用状況を制御しません。

リソースモニターへのウェアハウスの割り当て

ウェアハウスは、ウェブインターフェイスまたは SQL を介して既存のリソースモニターに割り当てることができます。

ウェブインターフェイス
  1. ACCOUNTADMIN ロール(または目的のリソースモニターで MODIFY 権限が付与されているロール)を使用していることを確認してください。

  2. Account Account tab » Resource Monitors をクリックします。

  3. リソースモニターをクリックします。

  4. Edit をクリックします。

  5. Monitor Level で、目的のウェアハウスを追加します。モニターにまだウェアハウスが割り当てられていない場合は、最初にリストから Warehouse を選択してから、1つ以上のウェアハウスを選択します。

SQL

ALTER WAREHOUSE コマンドを実行します。

例えば、前の例のリソースモニター(limit1)を使用して、別のウェアハウスをモニターに割り当てます。

ALTER WAREHOUSE wh3 SET RESOURCE_MONITOR = limit1;

リソースモニターの表示

リソースモニターは、ウェブインターフェイスまたは SQL のいずれかで表示できます。

ウェブインターフェイス
  1. ACCOUNTADMIN ロール(または目的のリソースモニターで MONITOR または MODIFY 権限が付与されているロール)を使用していることを確認してください。

  2. Account Account tab » Resource Monitors をクリックします。

SQL

SHOW RESOURCE MONITORS コマンドを実行します。

さらに、任意のロールを使用して、 SHOW WAREHOUSES コマンドを実行して、ロールが所有する(またはロールに USAGE 権限が付与されている)ウェアハウスを表示できます。出力には、ウェアハウスが割り当てられているリソースモニター(ある場合)が含まれます。

注釈

リーダーアカウントを作成した プロバイダーアカウント に対して、Snowflakeは追加のビューである RESOURCE_MONITORS を提供します。このビューを使って、プロバイダーのリーダーアカウントでリソースモニターの使用状況をクエリできます。詳細については、『アカウントの使用 』をご参照ください。