CALL

ストアドプロシージャ を呼び出します。

こちらもご参照ください:

CREATE PROCEDURESHOW PROCEDURES

構文

CALL <procedure_name> ( [ <arg> , ... ] )

使用上の注意

  • プロシージャ名は、必ずしもスキーマ内で一意ではありません。ストアドプロシージャは、引数タイプと名前によって識別および解決されます(つまり、ストアドプロシージャはオーバーロードできます)。

  • 呼び出しを式の一部にすることはできないため、ストアドプロシージャによって返される値は使用できません。

CALL sv_proc1('Manitoba', 127.4);

SET Variable1 = 49;
CALL sv_proc2($Variable1);

ストアドプロシージャの作成と呼び出しのその他の事例については、 ストアドプロシージャの使用 をご参照ください。