カテゴリ:

テーブル、ビュー、シーケンス DDL

DESCRIBE SEQUENCE

シーケンスの間隔など、シーケンスについて説明します。

DESCRIBE は DESC に短縮できます。

こちらもご参照ください。

ALTER SEQUENCECREATE SEQUENCEDROP SEQUENCESHOW SEQUENCES

構文

DESC[RIBE] SEQUENCE <name>

パラメーター

名前

説明するシーケンスの識別子を指定します。

使用上の注意

  • このコマンドの出力を後処理するには、 RESULT_SCAN 関数を使用できます。この関数は、出力をクエリ可能なテーブルとして扱います。

DESC SEQUENCE my_sequence;