カテゴリ:

テーブル、ビュー、シーケンス DDL

DESCRIBE VIEW

ビュー(またはテーブル)の列について説明します。

DESCRIBE は DESCに短縮できます。

こちらもご参照ください:

CREATE VIEWSHOW VIEWS

DESCRIBE TABLE

構文

DESC[RIBE] VIEW <name>

パラメーター

名前

記述するビューの識別子を指定します。識別子にスペースまたは特殊文字が含まれる場合、文字列全体を二重引用符で囲む必要があります。二重引用符で囲まれた識別子も大文字と小文字が区別されます。

使用上の注意

  • コマンド出力には、ビューの定義は含まれません。代わりに、 SHOW VIEWS を使用してください。

  • DESC VIEW と DESCRIBE TABLE は交換可能です。いずれかのコマンドが、ステートメントの条件に一致するテーブルまたはビューの詳細を取得します。

  • Enterprise Edition(またはそれ以上)のアカウントの場合、出力は POLICY NAME 列を返し、列に設定された 列レベルのセキュリティ マスキングポリシーを示します。マスキングポリシーが列に設定されていない場合、Snowflakeは NULL を返します。

  • このコマンドの出力を後処理するには、 RESULT_SCAN 関数を使用できます。この関数は、出力をクエリ可能なテーブルとして扱います。

設定例:

CREATE VIEW emp_view AS SELECT id "Employee Number", lname "Last Name", location "Home Base" FROM emp;

ビューを説明します。

DESC VIEW emp_view;

+-----------------+--------------+--------+-------+---------+-------------+------------+-------+------------+---------+
| name            | type         | kind   | null? | default | primary key | unique key | check | expression | comment |
|-----------------+--------------+--------+-------+---------+-------------+------------+-------+------------+---------|
| Employee Number | NUMBER(38,0) | COLUMN | Y     | NULL    | N           | N          | NULL  | NULL       | NULL    |
| Last Name       | VARCHAR(50)  | COLUMN | Y     | NULL    | N           | N          | NULL  | NULL       | NULL    |
| Home Base       | VARCHAR(100) | COLUMN | Y     | NULL    | N           | N          | NULL  | NULL       | NULL    |
+-----------------+--------------+--------+-------+---------+-------------+------------+-------+------------+---------+