カテゴリ:

ユーザー定義関数、外部関数、およびストアドプロシージャ用の DDL

DROP MATERIALIZED VIEW

指定されたマテリアライズドビューを現在のスキーマまたは指定されたスキーマから削除します。

こちらもご参照ください:

ALTER MATERIALIZED VIEWCREATE MATERIALIZED VIEWSHOW MATERIALIZED VIEWS

構文

DROP MATERIALIZED VIEW [ IF EXISTS ] <view_name>

使用上の注意

  • マテリアライズドビューをドロップしても、そのビューへの参照は更新されません。例えば、マテリアライズドビューの上に「V1」という名前のビューを作成し、マテリアライズドビューをドロップすると、ビュー「V1」の定義は古くなってしまいます。

DROP MATERIALIZED VIEW mv1;

---------------------------+
           status          |
---------------------------+
 MV1 successfully dropped. |
---------------------------+