カテゴリ:

テーブル、ビュー、シーケンス DDL

DROP SEQUENCE

現在のスキーマ/指定されたスキーマからシーケンスを削除します。

こちらもご参照ください。

CREATE SEQUENCEALTER SEQUENCESHOW SEQUENCESDESCRIBE SEQUENCE

構文

DROP SEQUENCE [ IF EXISTS ] <name> [ CASCADE | RESTRICT ]

パラメーター

名前

ドロップするシーケンスの識別子を指定します。

シーケンス識別子が完全修飾されていない場合( データベース名.スキーマ名.シーケンス名 または スキーマ名.シーケンス名 の形式)、コマンドはセッションに対する現在のスキーマのシーケンスを探します。

CASCADE | RESTRICT

Snowflakeでは、キーワード CASCADERESTRICT を構文的に使用できますが、Snowflakeはそれらには作用しません。たとえば、 CASCADE キーワードでシーケンスをドロップしても、そのシーケンスを使用するテーブルは実際にはドロップされません。 RESTRICT キーワードを使用してシーケンスをドロップしても、テーブルがまだシーケンスを使用している場合、警告は発行されません。

使用上の注意

  • シーケンスをドロップするには、シーケンスの所有権の権限を持つロールを使用する必要があります。

  • シーケンスをドロップした後、同じ名前のシーケンスを作成すると、シーケンスの新しいバージョンが作成されます。新しいシーケンスは、古いシーケンスが中断したところからの番号の生成を再開しません。

  • シーケンスをドロップする前に、シーケンスを参照しているテーブルまたは他のデータベースオブジェクトが ない ことを確認してください。

  • ドロップされたシーケンスがテーブルの DEFAULT 句で参照されている場合は、そのテーブルに対して GET_DDL() を呼び出すと、テーブルを作成した DDL ではなくエラーが発生します。

シーケンスをドロップします。

DROP SEQUENCE IF EXISTS invoice_sequence_number;