ウェブインターフェイスを使用したロード(制限付き)

Snowflakeのウェブインターフェイスは、限られた量のデータを小さなフラットファイルセットからテーブルにロードするための便利なウィザードを提供します。バックグラウンドでは、ウィザードは PUT および COPY コマンドを使用してデータをロードします。ただし、ウィザードは、2つのフェーズ(ファイルのステージングとデータのロード)を単一の操作に結合し、ロードの完了後にステージングされたファイルをすべて削除することで、データのロードプロセスを簡素化します。

このトピックの手順は、構造化データ(例: CSV)および半構造化データ(例: JSON、 Avro、 ORC、 Parquet、または XML)の両方のロードに関するものです。

重要

ウィザードは、サイズが制限された少数のファイル(最大50 MB)をロードすることのみを目的としています。このファイルサイズの制限は、ブラウザーのパフォーマンスがコンピュータごとに、またブラウザーのバージョンによって異なるため、パフォーマンスを向上させることを目的としています。また、大きなファイルを暗号化するために必要なメモリ消費により、ブラウザーのメモリが不足してクラッシュする可能性があります。

大きなファイルまたは多数のファイルを読み込むには、Snowflakeクライアント SnowSQLの使用をお勧めします。詳細については、 COPYを使用した一括ロード をご参照ください。

このトピックの内容:

Step 1: Opening the Load Data Wizard

  1. Databases Databases tab » Tables をクリックします。

  2. 次のいずれかを実行します。

  • テーブルの行をクリックして選択し、 Load Data ボタンをクリックします。

    または

  • テーブル名をクリックしてテーブルの詳細ページを開き、 Load Table ボタンをクリックします。

Load Data ウィザードが開きます。ウィザードは、選択したテーブルにデータをロードします。

Step 2: Selecting a Warehouse

  1. ドロップダウンリストからウェアハウスを選択します。

    リストには、USAGE 権限があるウェアハウスが含まれます。Snowflakeはこのウェアハウスを使用して、データをテーブルにロードします。

  2. Next をクリックします。

Step 3: Selecting Source Files

重要

ウィザードは、少量のデータをロードするために設計されています。個々のデータファイルのサイズはそれぞれ50 MB より小さくする必要があります。

You can choose to load data from files on your local machine or files already staged in an existing cloud storage location on Snowflake, Amazon S3, Google Cloud Storage, or Microsoft Azure.

ローカルマシンからのロード

  1. Load files from your computer オプションを選択し、 Select Files ボタンをクリックします。

  2. 1つ以上のローカルデータファイルを選択し、 Open ボタンをクリックします。

  3. Next ボタンをクリックします。

Loading from Cloud Storage

Choosing an Existing Stage

  1. Select an existing named stage from the Stage dropdown list.

  2. Next ボタンをクリックします。

Creating a New Stage

Complete the steps in this section once per storage location.

  1. Click the plus (+) symbol beside the Stage dropdown list.

  2. Select the location where your files are located: Snowflake or any one of the supported cloud storage services, and click the Next button.

  3. Complete the fields that describe your cloud storage location. For more information, see CREATE STAGE.

  4. Finish ボタンをクリックします。

  5. Select your new named stage from the Stage dropdown list.

  6. Next ボタンをクリックします。

Step 4: Selecting a File Format

ドロップダウンリストでは、データファイルの形式を説明するオプションの名前付きセットを選択できます。

Choosing an Existing Named File Format

  1. Select an existing named file format from the dropdown list.

  2. Next ボタンをクリックします。

新しい名前付きファイル形式の作成

  1. ドロップダウンリストの横のプラス記号(+)をクリックします。

  2. データファイルの形式に合わせて、画面上のフィールドに入力します。オプションの説明については、 CREATE FILE FORMAT をご参照ください。

  3. Finish ボタンをクリックします。

  4. Select your new named file format from the dropdown list.

  5. Next ボタンをクリックします。

Step 5: Selecting Load Options

  1. Specify how Snowflake should behave if errors in the data files are encountered. For more information about the ON_ERROR copy option, see COPY INTO <テーブル>.

  2. Load ボタンをクリックします。

    Snowflakeは、選択したウェアハウスを使用して、選択したテーブルにデータをロードします。

    注釈

    ウェアハウスが現在実行されていない場合、ロードに必要な時間に加えて、ウェアハウスの再開に時間がかかることがあります(最大5分)。

  3. Click the OK button. The load data wizard closes.