ウェブインターフェイスを使用したロード(制限付き)

classic web interface は、限られた量のデータを小さなフラットファイルのセットからテーブルにロードするための便利なウィザードを提供します。バックグラウンドでは、ウィザードは PUT および COPY コマンドを使用してデータをロードします。ただし、ウィザードは、2つのフェーズ(ファイルのステージングとデータのロード)を単一の操作に結合し、ロードの完了後にステージングされたファイルをすべて削除することで、データのロードプロセスを簡素化します。

このトピックの手順は、構造化データ(例: CSV)および半構造化データ(例: JSON、 Avro、 ORC、 Parquet、または XML)の両方のロードに関するものです。

重要

ウィザードは、サイズが制限された少数のファイル(最大50 MB)をロードすることのみを目的としています。このファイルサイズの制限は、ブラウザーのパフォーマンスがコンピュータごとに、またブラウザーのバージョンによって異なるため、パフォーマンスを向上させることを目的としています。また、大きなファイルを暗号化するために必要なメモリ消費により、ブラウザーのメモリが不足してクラッシュする可能性があります。

大きなファイルまたは多数のファイルを読み込むには、Snowflakeクライアント SnowSQLの使用をお勧めします。詳細については、 COPYを使用した一括ロード をご参照ください。

このトピックの内容:

ステップ1:データロードウィザードを開く

  1. Databases Databases tab をクリックします。

  2. 特定のデータベースのリンクをクリックして、データベースに保存されているオブジェクトを表示します。

  3. Tables タブをクリックします。

  4. 次のいずれかを実行します。

  • テーブルの行をクリックして選択し、 Load Data ボタンをクリックします。

    または

  • テーブル名をクリックしてテーブルの詳細ページを開き、 Load Table ボタンをクリックします。

Load Data ウィザードが開きます。ウィザードは、選択したテーブルにデータをロードします。

ステップ2:ウェアハウスを選択する

  1. ドロップダウンリストからウェアハウスを選択します。

    リストには、USAGE 権限があるウェアハウスが含まれます。Snowflakeはこのウェアハウスを使用して、データをテーブルにロードします。

  2. Next をクリックします。

ステップ3:ソースファイルを選択する

重要

ウィザードは、少量のデータをロードするために設計されています。個々のデータファイルのサイズはそれぞれ50 MB より小さくする必要があります。

ローカルマシン上のファイル、またはSnowflake、Amazon S3、Google Cloud Storage、Microsoft Azureにある既存のクラウドストレージの場所ですでにステージングされているファイルから、データをロードすることを選択できます。

ローカルマシンからのロード

  1. Load files from your computer オプションを選択し、 Select Files ボタンをクリックします。

  2. 1つ以上のローカルデータファイルを選択し、 Open ボタンをクリックします。

  3. Next ボタンをクリックします。

クラウドストレージからのロード

既存のステージの選択

  1. Stage ドロップダウンリストから、既存の名前付きステージを選択します。

  2. Next ボタンをクリックします。

名前付きステージの作成

このセクションのステップは、保存場所ごとに1回実行してください。

  1. Stage ドロップダウンリストの横にある、プラス記号(+)をクリックします。

  2. ファイルがある場所を選択します。Snowflakeまたはサポートされているクラウドストレージサービスのいずれかを選択し、 Next ボタンをクリックします。

  3. クラウドストレージの場所を説明するフィールドに入力します。詳細については、 CREATE STAGE をご参照ください。

  4. Finish ボタンをクリックします。

  5. Stage ドロップダウンリストから新しい名前付きステージを選択します。

  6. Next ボタンをクリックします。

ステップ4:ファイル形式を選択する

ドロップダウンリストでは、データファイルの形式を説明する、オプションの名前付きセットを選択できます。

既存の名前付きファイル形式の選択

  1. ドロップダウンリストから既存の名前付きファイル形式を選択します。

  2. Next ボタンをクリックします。

新しい名前付きファイル形式の作成

  1. ドロップダウンリストの横のプラス記号(+)をクリックします。

  2. データファイルの形式に合わせて、画面上のフィールドに入力します。オプションの説明については、 CREATE FILE FORMAT をご参照ください。

  3. Finish ボタンをクリックします。

  4. ドロップダウンリストから新しい名前付きファイル形式を選択します。

  5. Next ボタンをクリックします。

ステップ5:ロードオプションを選択する

  1. データファイルでエラーが発生した場合のSnowflakeの動作を指定します。 ON_ERROR コピーオプションの詳細については、 COPY INTO <テーブル> をご参照ください。

  2. Load ボタンをクリックします。

    Snowflakeは、選択したウェアハウスを使用して、選択したテーブルにデータをロードします。

    注釈

    ウェアハウスが現在実行されていない場合、ロードに必要な時間に加えて、ウェアハウスの再開に時間がかかることがあります(最大5分)。

  3. OK ボタンをクリックします。データロードウィザードが閉じます。

最上部に戻る