共有データのウェブインターフェイス

これらのトピックは、直接共有、Snowflake Marketplace、およびデータ交換を介して共有されるデータを操作するための概念と手順を提供します。これは、データコンシューマーとデータプロバイダーを対象としています。

ACCOUNTADMIN ロール(または CREATE SHARE または IMPORT SHARE 権限が付与されたロール)がある場合、Snowflakeの新しいウェブインターフェイスの Shared Data ページを使用して、共有の管理と共有の作成に関連するほとんどのタスクを実行できます。

A screenshot of the Shared Data page

実行できるタスクは、データがユーザーと共有されているか(インバウンド)、データがユーザーのアカウントにより共有されているか(アウトバウンド)によって異なります。

このトピックの内容:

ユーザーと共有されるデータ

インバウンド共有は、直接共有、データ交換、またはSnowflake Marketplaceを介して、プロバイダーアカウントによってアカウントと共有されます。インバウンド共有に対して以下のタスクを実行することができます。

  • プロバイダーからのすべての共有を表示する(共有を提供したユーザーと使用されたデータ共有メカニズムを含む)。

  • 共有からデータベースを作成する。

ウェブインターフェイスでは、 Shared With Me タブに次のインバウンド共有データが表示されます。

  • ユーザーと共有された 直接共有。共有のステータスに応じて、共有は2つのセクションにグループ化されます。

    • 取得する準備ができている直接共有(つまり、共有から作成されていないデータベース)。

    • データベースにインポートされ、クエリを実行する準備ができている直接共有。

  • アクセスできる データ交換 リスト。すべてのデータ(取得の準備ができているか、クエリの準備ができている)は、元のデータ交換の名前で表示されます。複数のデータ交換がある場合、各データ交換は個別のセクションに表示されます。

  • Snowflake Marketplace は、データベースにインポートされ、クエリを実行する準備ができているデータをリストします。このセクションでは、取得可能な共有のリストを表示 しません。代わりに、 Marketplace メニューで利用可能なすべてのData Marketplaceのリストを見つけることができます。

ユーザーにより共有されるデータ

アウトバウンド共有は、コンシューマーとデータを共有する目的でユーザーのアカウントにより作成されます。直接共有、データ交換、またはSnowflake Marketplaceを介してデータを共有できます。

アウトバウンド共有に対して次のタスクを実行できます。

  • 作成した共有、またはアクセスする権限がある共有の表示。提供される情報には、共有のデータベース、共有に追加されたコンシューマーアカウント(存在する場合)、共有が作成された日付、共有されているオブジェクトが含まれます。

  • 共有/データリストの作成

  • 共有/データリストの編集

  • 個々のコンシューマーアカウントによる共有へのアクセスの取り消し。

ウェブインターフェイスの Shared by My Account タブには、以下からのアウトバウンド共有が表示されます。

  • 直接共有

  • データ交換

  • Snowflake Data Marketplace

各共有の横にあるアイコンは、共有メカニズム(直接共有、データ交換、またはSnowflake Marketplace)を示します。

次のフィルターを使用して、共有データを次の順序で並べ替えることができます。

  • タイプ -- All Types ドロップダウンリストを使用して、直接共有とリストを識別します。

  • コンシューマー -- Shared With ドロップダウンリストを使用して、データが共有されている特定のコンシューマーまたはデータ交換を選択します。

データの共有

データを共有する方法はいくつかあります。

ウェブインターフェイスでデータを共有するには、 Share Data ドロップダウンリストを使用して、データを共有するために使用可能なプラットフォームのリストから選択します。

データリクエスト

ウェブインターフェイスで、データ交換からのインバウンドおよびアウトバウンドリクエストが Requests タブに表示されます。

注釈

Requests タブには、Snowflake Data Marketplaceからのデータリクエストは表示されません。詳細については、 Snowflake Marketplaceにおけるパーソナライズされたリストのリクエスト表示 をご参照ください。

インバウンドリクエスト

インバウンドリクエストは、データ利用者からのデータへのアクセスリクエストです。リクエストをステータス別にソートし、レビュー(承認または拒否)することができます。詳細については、 パーソナライズされたリストのリクエストの表示 をご参照ください。

アウトバウンドリクエスト

アウトバウンドリクエストは、データ交換で他のプロバイダーからのデータリストに対して送信したリクエストです。ステータス別にリクエストをソートできます。リクエストが拒否された場合は、リクエストの横にコメントが表示されます。必要な調整を行って、リクエストを再送信できます。

交換の管理

Data Exchange管理者 ロールまたは プロバイダープロファイルレベルの権限 がある場合は、 Manage Exchanges タブでデータ交換用のプロバイダープロファイルを作成し、管理できます。

注釈

組織にデータ交換がない場合、 Manage Exchanges タブは表示されません。

データ交換のプロバイダープロファイルに対して、次のタスクを実行できます。

  • 新しいプロファイルを作成する

  • プロファイルを更新する

  • 連絡先メールを更新する

  • プロファイルエディターを管理する

  • プロファイルを削除する

詳細については、 Data Exchange内でデータプロバイダーになる をご参照ください。