アカウントとセッション DDL

次の DDL コマンドは、次を含む、アカウントレベルおよびセッション操作の表示と管理に使用されます。

  • システム(アカウント、セッション、オブジェクト)の複数のレベルでパラメーターを表示する。

  • アカウントレベルおよびセッション内でパラメーターを設定する。

  • セッション内でロール、ウェアハウス、データベース、またはスキーマを使用する。

  • セッション内で複数のステートメントのトランザクションを使用する。

  • セッション内で SQL 変数を設定および使用する。

このトピックの内容:

アカウントのパラメーターと機能

ALTER ACCOUNT

アカウントレベルでパラメーターを設定する場合、ACCOUNTADMIN ロールを持つユーザーのみが実行できます。

SHOW FUNCTIONS

システム定義関数、およびユーザー定義関数を表示します。

SHOW PARAMETERS

アカウントのパラメーター設定を表示します。

管理アカウント

CREATE MANAGED ACCOUNT

現在、Snowflake以外の顧客とデータを共有するプロバイダーの リーダーアカウント の作成に使用されています。

DROP MANAGED ACCOUNT

SHOW MANAGED ACCOUNTS

グローバルアカウント、データベースレプリケーション、データベースフェールオーバー

SHOW GLOBAL ACCOUNTS

非推奨。代わりに SHOW REPLICATION ACCOUNTS を使用してください。

SHOW REPLICATION ACCOUNTS

SHOW REPLICATION DATABASES

SHOW REGIONS

セッションパラメーター

ALTER SESSION

セッション内でパラメーターを設定するため、どのユーザーでも実行できます。

SHOW PARAMETERS

セッション(またはアカウント)のパラメーター設定を表示します。また、指定したオブジェクトのパラメーター設定を表示するためにも使用できます。

セッションコンテキスト

USE ROLE

セッションで使用するユーザーロールを指定します。

USE WAREHOUSE

セッションで使用する仮想ウェアハウスを指定します。

USE DATABASE

セッションで使用するデータベースを指定します。

USE SCHEMA

セッションで使用するスキーマを指定します(指定したスキーマは、セッションの現在のデータベースに存在する必要があります)。

こちらもご覧ください:

コンテキスト関数

セッショントランザクション、SQL 変数、クエリ

BEGIN

複数ステートメントのトランザクションで使用します。

COMMIT

複数ステートメントのトランザクションで使用します。

DESCRIBE RESULT

指定されたクエリの結果の列を記述します(過去24時間以内に実行されている必要があります)。

ROLLBACK

複数ステートメントのトランザクションで使用します。

SET

セッションで SQL 変数を定義します。

SHOW LOCKS

複数ステートメントのトランザクションで使用します。

SHOW TRANSACTIONS

SHOW VARIABLES

セッションで SQL 変数を表示します。

UNSET

セッションで SQL 変数を削除します。