カテゴリ:

テーブル、ビュー、シーケンス DDL

ALTER SEQUENCE

既存のシーケンスのプロパティを変更します。

こちらもご参照ください:

CREATE SEQUENCESHOW SEQUENCES

構文

ALTER SEQUENCE [ IF EXISTS ] <name> RENAME TO <new_name>

ALTER SEQUENCE [ IF EXISTS ] <name> [ SET ] [ INCREMENT [ BY ] [ = ] <sequence_interval> ]

ALTER SEQUENCE [ IF EXISTS ] <name> SET COMMENT = '<string_literal>'

ALTER SEQUENCE [ IF EXISTS ] <name> UNSET COMMENT

パラメーター

名前

変更するシーケンスの識別子を指定します。識別子にスペースまたは特殊文字が含まれる場合、文字列全体を二重引用符で囲む必要があります。二重引用符で囲まれた識別子も大文字と小文字が区別されます。

RENAME TO 新しい名前

シーケンスの新しい識別子を指定します。スキーマに対して一意である必要があります。

詳細については、 識別子の要件 をご参照ください。

オブジェクトの名前を変更すると、そのオブジェクトを参照する他のオブジェクトも新しい名前で更新する必要があります。

SET...

[ INCREMENT [ BY ] シーケンス間隔 ]

シーケンスのステップ間隔を指定します。

  • シーケンス間隔 n が正の場合、次の n-1 値は各シーケンス呼び出しによって予約されます。

  • シーケンス間隔 -n が負の場合、次に低い n-1 値が各シーケンス呼び出しによって予約されます。

サポートされる値は、64ビットの2の補数整数で表すことができる値です。 0 はシーケンス間隔として許可されていません。

COMMENT = '文字列リテラル'

シーケンスのコメントを追加するか、既存のコメントを上書きします。

UNSET ...

ロールの設定を解除するプロパティを指定します。これにより、デフォルトにリセットされます。

現在、設定解除できるプロパティは COMMENT のみです。これにより、シーケンスのコメントがあれば削除されます。

使用上の注意

  • シーケンスの作成後には、シーケンスの最初/初期値は変更できません。

シーケンスの名前を myseq から newseq に変更します。

ALTER SEQUENCE myseq RENAME TO newseq;