カテゴリ:

テーブル、ビュー、シーケンス DDL

DESCRIBE TABLE

テーブルのステージプロパティのデフォルト値と同様に、テーブルの列または現在の値を記述します。

DESCRIBE は DESCに短縮できます。

こちらもご参照ください:

ALTER TABLECREATE TABLESHOW TABLES

DESCRIBE VIEW

構文

DESC[RIBE] TABLE <name> [ TYPE =  { COLUMNS | STAGE } ]

パラメーター

名前

記述するテーブルの識別子を指定します。識別子にスペースまたは特殊文字が含まれる場合、文字列全体を二重引用符で囲む必要があります。二重引用符で囲まれた識別子も大文字と小文字が区別されます。

TYPE = COLUMNS | STAGE

テーブルの列を表示するか、テーブルのステージプロパティ(現在の値とデフォルト値を含む)を表示するかを指定します。

デフォルト: TYPE = COLUMNS

使用上の注意

  • このコマンドは、テーブルのオブジェクトパラメーターを表示しません。代わりに、 SHOW PARAMETERS IN TABLE ... を使用してください。

  • DESC TABLE と DESCRIBE VIEW は交換可能です。いずれかのコマンドが、ステートメントの条件に一致するテーブルまたはビューの詳細を取得します。ただし、ビューにはステージプロパティがないため、 TYPE = STAGE はビューには適用されません。

  • Enterprise Edition(またはそれ以上)のアカウントの場合、出力には POLICY NAME 列が含まれ、列に設定された 列レベルのセキュリティ マスキングポリシーを示します。マスキングポリシーが列に設定されていない場合、Snowflakeは NULL を返します。

  • このコマンドの出力を後処理するには、 RESULT_SCAN 関数を使用できます。この関数は、出力をクエリ可能なテーブルとして扱います。

サンプルテーブルを作成します。

CREATE TABLE emp (id NUMBER NOT NULL PRIMARY KEY, fname VARCHAR(50), lname VARCHAR(50), location VARCHAR(100));

テーブルの列を説明します。

DESC TABLE emp;

テーブルのステージプロパティを説明します。

DESC TABLE emp TYPE = STAGE;

テーブルの列に設定されているマスキングポリシーを決定します。

desc table ssn_record;

---------------+-------------+--------+-------+---------+-------------+------------+--------+------------+---------+----------------------------+
      name     |    type     |  kind  | null? | default | primary key | unique key | check  | expression | comment |       policy name          |
---------------+-------------+--------+-------+---------+-------------+------------+--------+------------+---------+----------------------------+
EMPLOYEE_SSN_1 | VARCHAR(32) | COLUMN | Y     | [NULL]  | N           | N          | [NULL] | [NULL]     | [NULL]  | MY_DB.MY_SCHEMA.SSN_MASK_1 |
---------------+-------------+--------+-------+---------+-------------+------------+--------+------------+---------+----------------------------+