DESCRIBE SEARCH OPTIMIZATION

指定したテーブルとその列の 検索最適化構成 を記述します。

DESCRIBE は DESC に短縮できます。

こちらもご参照ください。

検索最適化サービスの使用

構文

DESC[RIBE] SEARCH OPTIMIZATION ON <table_name>;

パラメーター

name

記述するテーブルの識別子を指定します。識別子にスペースまたは特殊文字が含まれる場合、文字列全体を二重引用符で囲む必要があります。二重引用符で囲まれた識別子も大文字と小文字が区別されます。

出力

このコマンドは、検索最適化構成の各検索方法とターゲットに関する情報を含むテーブルを出力します。テーブルには次の列が含まれます。

列名

説明

expression_id

検索方法とターゲットの一意の識別子。

method

特定の型の述語に対するクエリを最適化するための検索方法。

  • EQUALITY (等価および IN 述語の場合)。

  • SUBSTRING (部分文字列に一致する述語の場合 -- 例: LIKE、 ILIKE など)。

  • GEO (GEOGRAPHY 型を使用する述語の場合)。

target

メソッドが適用される列または VARIANT フィールド。

target_data_type

列または VARIANT フィールドのデータ型。

active

式が式の検索アクセスパスの初期構築を終了したかどうかを指定します。

使用上の注意

  • このコマンドの出力を後処理するには、 RESULT_SCAN 関数を使用できます。この関数は、出力をクエリ可能なテーブルとして扱います。

テーブルの検索最適化構成の表示 をご参照ください。

最上部に戻る