アカウントオブジェクトの複製

このトピックでは、同じ組織内のSnowflakeアカウント間でアカウントオブジェクトとデータを複製し、オブジェクトとデータの同期を維持するために必要なステップについて説明します。アカウント複製は、異なる リージョン のSnowflakeアカウント間および クラウドプラットフォーム 間で発生する可能性があります。

このトピックの内容:

複製およびフェールオーバー/フェールバックのリージョンサポート

お客様は、リージョングループ内のリージョン全域で複製できます。異なる リージョングループ のリージョン間で複製するには(例: Snowflake商用リージョンからSnowflake政府リージョンへ)、 Snowflakeサポート に連絡してアクセスを有効にしてください。

データベース複製からグループベース複製への移行

ALTER DATABASE を使用して複製が有効になっているデータベースは、複製またはフェールオーバーグループに追加する 前に 複製を無効にする必要があります。

注釈

ACCOUNTADMIN ロールを使用して、このセクションの SQL ステートメントを実行します。

ステップ1:複製が有効なデータベースの複製を無効にする

複製またはフェールオーバーグループに追加するために、 SYSTEM$DISABLE_DATABASE_REPLICATION 関数を実行して、プライマリデータベースとそれにリンクされているセカンダリデータベースの複製を無効にします。

プライマリデータベースのソースアカウントから次の SQL ステートメントを実行します。

SELECT SYSTEM$DISABLE_DATABASE_REPLICATION('mydb');

ステップ2:データベースをプライマリフェールオーバーグループに追加し、セカンダリフェールオーバーグループを作成する

データベースの複製を正常に無効にすると、プライマリデータベースをソースアカウントのフェールオーバーグループに追加できます。

次に、ターゲットアカウントにセカンダリフェールオーバーグループを作成します。セカンダリフェールオーバーグループがターゲットアカウントで更新されると、以前のセカンダリデータベースがセカンダリフェールオーバーグループのメンバーとして自動的に追加され、プライマリデータベースからの変更で更新されます。

プライマリおよびセカンダリフェールオーバーグループの作成の詳細については、 ワークフロー をご参照ください。

注釈

以前に複製されたデータベースを複製またはフェールオーバーグループに追加すると、Snowflakeはそのデータベースに対してすでに複製されたデータを再複製 しません。グループが更新されると、最後の更新以降の変更のみが複製されます。

ワークフロー

次の SQL ステートメントは、アカウントとデータベースオブジェクトの複製を有効にし、オブジェクトを更新するためのワークフローを示しています。各ステップについては、以下で詳しく説明します。

注釈

次の例では、ソースアカウントとターゲットアカウントに対して複製を有効にする必要があります。詳細については、 前提条件: 組織内のアカウントの複製を有効にする をご参照ください。

希望するSnowflakeクライアントで次の SQL ステートメントを実行して、アカウントとデータベースオブジェクトの複製とフェールオーバーを有効にし、オブジェクトを更新します。

ソースアカウントでの実行

  1. ロールを作成し、それに CREATE FAILOVER GROUP 権限を付与します。このステップは オプション です。

    -- Execute the following SQL statements using the ACCOUNTADMIN role:
    USE ROLE ACCOUNTADMIN;
    
    CREATE ROLE myrole;
    
    GRANT CREATE FAILOVER GROUP ON ACCOUNT
     TO ROLE myrole;
    
  2. ソースアカウントにフェールオーバーグループを作成し、特定のターゲットアカウントへの複製を有効にします。

    注釈

    • 以前に ALTER DATABASE を使用して、データベースの複製とフェールオーバーが有効になっている複製またはフェールオーバーグループに追加するデータベースがある場合は、グループに追加する前に、 データベース複製からグループベース複製への移行 (このトピック内)の手順に従います。

    • データベースをフェールオーバーグループに追加するには、データベースに対する MONITOR 権限がアクティブなロールに必要です。データベース権限の詳細については、 データベース権限 (別のトピック内)をご参照ください。

    USE ROLE myrole;
    
    -- Execute the following SQL statement using a role with the CREATE FAILOVER GROUP privilege:
    CREATE FAILOVER GROUP myfg
        OBJECT_TYPES = USERS, ROLES, WAREHOUSES, RESOURCE MONITORS, DATABASES
        ALLOWED_DATABASES = db1, db2
        ALLOWED_ACCOUNTS = myorg.myaccount2, myorg.myaccount3
        REPLICATION_SCHEDULE = '10 MINUTE';
    

    注意

    複製中に ドロップしたくない アカウントオブジェクト(例: ユーザーまたはロール)がターゲットアカウントに存在する場合は、複製またはフェールオーバーグループの作成時に REPLICATION_SCHEDULE パラメーターを 含めない でください。詳細については、 ステップ5:ターゲットアカウントのスクリプトによって作成されたオブジェクトにグローバル IDs を適用する --- オプション をご参照ください。

ターゲットアカウントでの実行

  1. ターゲットアカウントにロールを作成し、それに CREATE FAILOVER GROUP 権限を付与します。このステップは オプション です。

    -- Execute the following SQL statements using the ACCOUNTADMIN role:
    USE ROLE ACCOUNTADMIN;
    
    CREATE ROLE myrole;
    
    GRANT CREATE FAILOVER GROUP ON ACCOUNT
        TO ROLE myrole;
    
  2. ソースアカウントのフェールオーバーグループのレプリカとして、ターゲットアカウントにフェールオーバーグループを作成します。

    USE ROLE myrole;
    
    -- Execute the following SQL statement using a role with the CREATE FAILOVER GROUP privilege:
    CREATE FAILOVER GROUP myfg
        AS REPLICA OF myorg.myaccount1.myfg;
    
  3. グローバル IDs をオブジェクトに適用します。これは、複製を介して作成されて いない アカウントオブジェクトに対する オプション のステップです。

    -- Execute the following SQL statements using the ACCOUNTADMIN role:
    SELECT SYSTEM$LINK_ACCOUNT_OBJECTS_BY_NAME('myfg');
    

    注意

    複製中に ドロップしたくない アカウントオブジェクト(例: ユーザーまたはロール)がターゲットアカウントに存在する場合は、このステップを実行する必要があります。この手順を実行しないと、ユーザーワークシートが失われたり、オブジェクト(例: 共有など)のロールに付与された権限が失われる可能性があります。詳細については、 ステップ5:ターゲットアカウントのスクリプトによって作成されたオブジェクトにグローバル IDs を適用する --- オプション をご参照ください。

セカンダリグループを手動で更新する

ターゲットアカウントのセカンダリフェールオーバーグループを手動で更新するには、 ターゲットアカウント内のセカンダリフェールオーバーグループの手動更新 (このトピック内)をご参照ください。

注釈

ベストプラクティスとして、Snowflakeは、 REPLICATION_SCHEDULE パラメーターを使用して自動更新をスケジュールすることをお勧めします。 複製スケジュール (このトピック内)をご参照ください。

アカウントオブジェクトとデータベースの複製

このセクションの手順では、アカウントを複製用に準備する方法、ソースアカウントからターゲットアカウントに特定のオブジェクトを複製できるようにする方法、およびターゲットアカウントのオブジェクトを同期する方法について説明します。

重要

ターゲットアカウントには、 Tri-Secret Secure または AWS PrivateLink がデフォルトとして構成されていません。コンプライアンス、セキュリティ、またはその他の目的でTri-Secret Secureまたは PrivateLink が必要な場合、それらの機能がターゲットアカウントで構成されていることを確認するのはユーザーの責任です。

前提条件: 組織内のアカウントの複製を有効にする

組織管理者(ORGADMIN ロール)は、ソースアカウントとターゲットアカウントの複製を有効にする必要があります。

アカウントの複製を有効にするには、 ORGADMIN ロールを持つユーザーが、 SYSTEM$GLOBAL_ACCOUNT_SET_PARAMETER 関数を使用して ENABLE_ACCOUNT_DATABASE_REPLICATION パラメーターを true に設定します。組織内の複数のアカウントで、同じ ORGADMIN アカウントからの複製を有効にできることに注意してください。

ORGADMIN アカウントにログインして、組織内の各ソースアカウントとターゲットアカウントの複製を有効にします。

-- Assume the ORGADMIN role
use role orgadmin;

-- View the list of the accounts in your organization
-- Note the organization name and account name for each account for which you are enabling replication
show organization accounts;

-- Enable replication by executing this statement for each source and target account in your organization
select system$global_account_set_parameter('<organization_name>.<account_name>', 'ENABLE_ACCOUNT_DATABASE_REPLICATION', 'true');

SYSTEM$GLOBAL_ACCOUNT_SET_PARAMETER 関数は従来の アカウントロケーター 識別子をサポートしていますが、組織が同じロケーターを共有する複数のアカウントを(異なるリージョンで)持つ場合は、予期しない結果が生じます。

ストリームとタスクの複製のプレビューを有効にする --- オプション

アカウント、データベース、複製またはフェールオーバーグループのストリーム複製とタスク複製のプレビューを有効にするには、ソースアカウントまたはプライマリオブジェクトの ENABLE_STREAM_TASK_REPLICATION パラメーターを true に設定します。

次の例は、ソースアカウントで実行する必要があります。

データベース mydb のストリームとタスクの複製を有効にします。

alter database mydb set ENABLE_STREAM_TASK_REPLICATION = true;

複製グループ myrg のストリームとタスクの複製を有効にします。

alter replication group myrg set ENABLE_STREAM_TASK_REPLICATION = true;

組織 myorg のアカウント myaccount のストリームとタスクの複製を有効にします。

alter account myorg.myaccount set ENABLE_STREAM_TASK_REPLICATION = true;

ステップ1: ソースアカウントに CREATE FAILOVER GROUP 権限を持つロールを作成する --- オプション

ロールを作成し、それに CREATE FAILOVER GROUP 権限を付与します。このステップはオプションです。このロールをすでに作成している場合は、 ステップ2: ソースアカウントにプライマリフェールオーバーグループを作成する にスキップします。

-- Execute the following SQL statements using the ACCOUNTADMIN role:
USE ROLE ACCOUNTADMIN;

CREATE ROLE myrole;

GRANT CREATE FAILOVER GROUP ON ACCOUNT
    TO ROLE myrole;

ステップ2: ソースアカウントにプライマリフェールオーバーグループを作成する

プライマリフェールオーバーグループを作成し、現在の(ソース)アカウントから同じ組織内にある1つ以上のターゲットアカウントに、特定のオブジェクトを複製およびフェールオーバーできるようにします。

複製が有効になっているすべてのアカウントを表示する

複製が有効になっている組織内のアカウントのリストを取得するには、 SHOW REPLICATION ACCOUNTS を使用します。

-- Execute the following SQL statements using the ACCOUNTADMIN role:
SHOW REPLICATION ACCOUNTS;

+------------------------+-------------------------+--------------+-----------------+-----------------+-------------------+
| snowflake_region       | created_on              | account_name | account_locator |  comment        | organization_name |
+------------------------+-------------------------+--------------+-----------------+-----------------+-------------------+
| AWS_US_WEST_2          | 2020-07-15 21:59:25.455 | myaccount1   | myacctlocator1  |                 | myorg             |
+------------------------+-------------------------+--------------+-----------------+-----------------+-------------------+
| AWS_US_EAST_1          | 2020-07-23 14:12:23.573 | myaccount2   | myacctlocator2  |                 | myorg             |
+------------------------+-------------------------+--------------+-----------------+-----------------+-------------------+
| AWS_US_EAST_2          | 2020-07-25 19:25:04.412 | myaccount3   | myacctlocator3  |                 | myorg             |
+------------------------+-------------------------+--------------+-----------------+-----------------+-------------------+

地域 IDs の包括的なリストをご参照ください。

フェールオーバーと複製グループのメンバーシップを表示する

アカウント、データベース、および共有オブジェクトには、 グループメンバーシップの制約 があります。新しいグループを作成したり、既存のグループにオブジェクトを追加したりする前に、既存のフェールオーバーグループと各グループのオブジェクトのリストを確認できます。

注釈

このセクションの SQL ステートメントを実行できるのは、アカウント管理者(ACCOUNTADMIN ロールを持つユーザー)またはグループ所有者(グループに対する OWNERSHIP 権限を持つロール)のみです。

現在のアカウントにリンクされているすべてのフェールオーバーグループと、各グループのオブジェクト型を表示します。

SHOW FAILOVER GROUPS;

フェールオーバーグループ myfg 内のすべてのデータベースを表示します。

SHOW DATABASES IN FAILOVER GROUP myfg;

フェールオーバーグループ myfg 内のすべての共有を表示します。

SHOW SHARES IN FAILOVER GROUP myfg;

ソースアカウントからターゲットアカウントへのアカウントおよびデータベースオブジェクトの複製を有効にする

ソースアカウントに指定されたアカウントとデータベースオブジェクトのフェールオーバーグループを作成し、ターゲットアカウントのリストへの複製とフェールオーバーを有効にします。構文については、 CREATE FAILOVER GROUP をご参照ください。

たとえば、同じ組織内のソースアカウントから myaccount2 アカウントへのユーザー、ロール、ウェアハウス、リソースモニター、およびデータベース db1 および db2 の複製を有効にします。10分ごとに myaccount2 を自動的に更新するように複製スケジュールを設定します。

注釈

以前に ALTER DATABASE を使用してデータベース複製が有効になっている複製またはフェールオーバーグループに追加するデータベースがある場合は、グループに追加する前に、 データベース複製からグループベース複製への移行 (このトピック内)の手順に従います。

ソースアカウントで実行:

use role myrole;

-- Execute the following SQL statement using a role with the CREATE FAILOVER GROUP privilege:
create failover group myfg
    object_types = users, roles, warehouses, resource monitors, databases, integrations, network policies
    allowed_databases = db1, db2
    allowed_integration_types = API INTEGRATIONS
    allowed_accounts = myorg.myaccount2
    replication_schedule = '10 MINUTE';

注意

複製中に ドロップしたくない アカウントオブジェクト(例: ユーザーまたはロール)がターゲットアカウントに存在する場合は、複製またはフェールオーバーグループの作成時に REPLICATION_SCHEDULE パラメーターを 含めない でください。詳細については、 ステップ5:ターゲットアカウントのスクリプトによって作成されたオブジェクトにグローバル IDs を適用する --- オプション をご参照ください。

ステップ3: ターゲットアカウントに CREATE FAILOVER GROUP 権限を持つロールを作成する ---オプション

ターゲットアカウントにロールを作成し、それに CREATE FAILOVER GROUP 権限を付与します。このステップはオプションです。このロールをすでに作成している場合は、 ステップ4: ターゲットアカウントにセカンダリフェールオーバーグループを作成する にスキップします。

-- Execute the following SQL statements using the ACCOUNTADMIN role:
USE ROLE ACCOUNTADMIN;

CREATE ROLE myrole;

GRANT CREATE FAILOVER GROUP ON ACCOUNT
    TO ROLE myrole;

ステップ4: ターゲットアカウントにセカンダリフェールオーバーグループを作成する

ソースアカウントにあるプライマリフェールオーバーグループのレプリカとして、ターゲットアカウントにセカンダリフェールオーバーグループを作成します。

ステップ2: ソースアカウントにプライマリフェールオーバーグループを作成する (このトピック内)で複製を有効にした各ターゲットアカウントで、 CREATE FAILOVER GROUP...AS REPLICA OF ステートメントを実行します。

各ターゲットアカウントから実行:

use role myrole;

-- Execute the following SQL statement using a role with the CREATE FAILOVER GROUP privilege:
CREATE FAILOVER GROUP myfg
  AS REPLICA OF myorg.myaccount1.myfg;

ステップ5:ターゲットアカウントのスクリプトによって作成されたオブジェクトにグローバル IDs を適用する --- オプション

注意

複製中に ドロップしたくない アカウントオブジェクト(例: ユーザーまたはロール)がターゲットアカウントに存在する場合は、このステップを実行する必要があります。この手順を実行しないと、ユーザーワークシートが失われたり、オブジェクト(例: 共有など)のロールに付与された権限が失われる可能性があります。

複製経由 以外 の方法(例: スクリプトを使用)でターゲットアカウントにユーザーやロールなどのアカウントオブジェクトを作成した場合、これらのユーザーとロールにはデフォルトでグローバル識別子がありません。更新操作は、グローバル識別子を使用して、これらのオブジェクトをソースアカウント内の同じオブジェクトに同期します。ターゲットアカウントがソースアカウントから更新されると、更新操作により、グローバル識別子を持たないターゲットアカウント内の object_types リスト(例: users または roles)のすべてのアカウントオブジェクト型が ドロップ されます。

複製スケジュールを使用しない複製グループまたはフェールオーバーグループの作成

複製スケジュールを持つプライマリ複製またはフェールオーバーグループのレプリカとして、セカンダリ複製またはフェールオーバーグループを作成すると、セカンダリ複製またはフェールオーバーグループの作成時に、セカンダリグループの初期更新が自動的に実行されます。次の手順を実行する前にこれが発生しないようにするには、 REPLICATION_SCHEDULE パラメーターを設定せずにプライマリ複製またはフェールオーバーグループを作成します。

ターゲットアカウントにセカンダリグループが作成されたら、 SYSTEM$LINK_ACCOUNT_OBJECTS_BY_NAME 関数を使用して、グローバル識別子をターゲットアカウントのアカウントオブジェクトに追加します。ターゲットアカウントに のみ 存在するアカウントオブジェクトの場合は、この関数を呼び出す前に、手動でソースアカウントに複製します。

ターゲットアカウントのオブジェクトにグローバル識別子を適用するか、ソースアカウントでそれらを手動で再作成した後、 ALTER REPLICATION GROUP または ALTER FAILOVER GROUP コマンドを使用して、プライマリ複製またはフェールオーバーグループの複製スケジュールを設定します。

API 統合のリモートサービスを更新する

API 統合複製を有効にしている場合は、 API 統合がターゲットアカウントに複製された後で追加のステップが必要です。複製された統合には、プライマリ統合のIDおよび IAM エンティティとは異なる独自のIDおよびアクセス管理(IAM)エンティティがあります。したがって、複製された関数へのアクセスを許可するには、リモートサービスの権限を更新する必要があります。このプロセスは、プライマリアカウントの関数へのアクセスを許可するのと似ています。詳細については、以下のリンクをご参照ください。

ターゲットアカウント内のセカンダリフェールオーバーグループの手動更新

ターゲットアカウント内のオブジェクトを手動で更新するには、 ALTER FAILOVER GROUP...REFRESH コマンドを実行します。

ベストプラクティスとして、 CREATE FAILOVER GROUP または ALTER FAILOVER GROUP を使用して REPLICATION_SCHEDULE パラメーターを設定することにより、セカンダリの更新をスケジュールするようにお勧めします。

注釈

ターゲットアカウントで関数を呼び出したユーザーがソースアカウントでドロップされた場合は、更新操作に失敗します。

フェールオーバーグループの REPLICATE 権限をロールに付与する --- オプション

現在、 REPLICATE 権限は複製 されない ため、ソースアカウントとターゲットアカウントの両方のフェールオーバー(または複製)グループで付与する必要があります。

ソースアカウントから実行:

-- Execute the following SQL statements using a role with the OWNERSHIP privilege on the group:
GRANT REPLICATE ON FAILOVER GROUP myfg TO ROLE my_replication_role;

ターゲットアカウントから実行:

-- Execute the following SQL statements using a role with the OWNERSHIP privilege on the group:
GRANT REPLICATE ON FAILOVER GROUP myfg TO ROLE my_replication_role;

セカンダリフェールオーバーグループを手動で更新する

たとえば、フェールオーバーグループ myfg 内のオブジェクトを更新するには、ターゲットアカウントから次のステートメントを実行します。

USE ROLE my_replication_role;

-- Execute the following SQL statements using a role with the REPLICATE privilege:
ALTER FAILOVER GROUP myfg REFRESH;

複製のモニター

このセクションでは、アカウントの複製の進行状況、履歴、およびコストをモニターする方法について説明します。

複製グループまたはフェールオーバーグループの更新の進行状況をモニターする

複製またはフェールオーバーグループの更新の進行状況をモニターするには、 REPLICATION_GROUP_REFRESH_PROGRESS, REPLICATION_GROUP_REFRESH_PROGRESS_BY_JOB テーブル関数(Snowflake Information Schema 内)をクエリします。

フェールオーバーグループ myfg に対する最新の更新操作の進行状況を表示します。

SELECT PHASE_NAME, START_TIME, END_TIME, PROGRESS, DETAILS
  FROM TABLE(information_schema.replication_group_refresh_progress('myfg'));

複製履歴

指定した日付範囲内の特定の複製またはフェールオーバーグループの複製履歴を表示するには、次のいずれかをクエリします。

Information Schema REPLICATION_GROUP_REFRESH_HISTORY テーブル関数をクエリして、過去7日間のフェールオーバーグループ myfg のアカウント複製履歴を表示します。

SELECT PHASE_NAME, START_TIME, END_TIME, TOTAL_BYTES, OBJECT_COUNT
  FROM TABLE(information_schema.replication_group_refresh_history('myfg'))
  WHERE START_TIME >= current_date - interval '7 days';

Account Usage REPLICATION_GROUP_REFRESH_HISTORY ビューをクエリして、当月のアカウント複製履歴を表示します。

SELECT REPLICATION_GROUP_NAME, PHASE_NAME, START_TIME, END_TIME, TOTAL_BYTES, OBJECT_COUNT
  FROM snowflake.account_usage.replication_group_refresh_history
  WHERE START_TIME >= date_trunc('month', current_date());

複製コストをモニターする

複製のクレジット使用状況をモニターするには、次のいずれかをクエリします。

REPLICATION_GROUP_USAGE_HISTORY テーブル関数をクエリして、過去7日間にアカウントの複製に使用されたクレジットを表示します。

SELECT start_time, end_time, replication_group_name, credits_used, bytes_transferred
  FROM table(information_schema.replication_group_usage_history())
  WHERE START_TIME >= current_date - interval '7 days';

Account Usage REPLICATION_GROUP_USAGE_HISTORY ビューをクエリして、当月内にアカウント複製履歴のために、複製またはフェールオーバーグループによって使用されたクレジットを表示します。

SELECT start_time, end_time, replication_group_name, credits_used, bytes_transferred
  FROM snowflake.account_usage.replication_group_usage_history
  WHERE START_TIME >= date_trunc('month', current_date());

データベースの複製コストをモニターする

複製またはフェールオーバーグループに含まれる個別データベースの複製のコストは、データベースのコピーされたバイト数を取得し、それを使用されたクレジットに関連付けることによって計算できます。

Account Usageビューのクエリ

次の例では、過去30日間における複製グループ1つのデータベース複製のコストを計算します。

  1. REPLICATION_GROUP_REFRESH_HISTORY Account Usageビューをクエリして、データベースごとに複製されたバイト数の合計を計算します。

    たとえば、過去30日間に複製グループ myrg 内のデータベースで複製されたバイト数の合計を計算するには、次を実行します。

    select sum(value:totalBytesToReplicate) as sum_database_bytes
    from snowflake.account_usage.replication_group_refresh_history rh,
        lateral flatten(input => rh.total_bytes:databases)
    where rh.replication_group_name = 'MYRG'
    and rh.start_time >= current_date - interval '30 days';
    

    データベースバイトの合計の出力に注意してください。

    +--------------------+
    | SUM_DATABASE_BYTES |
    |--------------------|
    |              22016 |
    +--------------------+
    
  2. REPLICATION_GROUP_USAGE_HISTORY Account Usageビューをクエリして、使用されたクレジット数の合計と、複製のために転送されたバイトの合計を計算します。

    たとえば、過去30日間に使用されたクレジット数の合計と、複製グループ myrg の複製のために転送されたバイトの合計を計算するには、次を実行します。

    select sum(credits_used) as credits_used, SUM(bytes_transferred) as bytes_transferred
    from snowflake.account_usage.replication_group_usage_history
    where replication_group_name = 'MYRG'
    and start_time >= current_date - interval '30 days';
    

    使用されたクレジットの合計と転送されたバイトの合計の出力に注意してください。

    +--------------+-------------------+
    | CREDITS_USED | BYTES_TRANSFERRED |
    |--------------+-------------------|
    |  1.357923604 |             22013 |
    +--------------+-------------------+
    
  3. データベースに転送されたバイトの値、使用されたクレジットの合計、および前の2つのステップから複製のために転送されたすべてのバイトの合計を使用して、データベースの複製コストを計算します。

    (<転送されたデータのバイト> / <転送されたバイト>) * <使用されたクレジット>

    例:

    (22016 / 22013) * 1.357923604 = 1.35810866)

Information Schemaテーブル関数のクエリ

過去14日以内の更新操作の場合は、関連するInformation Schemaテーブル関数をクエリします。

  1. REPLICATION_GROUP_REFRESH_HISTORY テーブル関数をクエリして、複製グループ myrg のデータベース複製用にコピーされたバイト数の合計を表示します。

    select sum(value:totalBytesToReplicate)
      from table(information_schema.replication_group_refresh_history('myrg')) as rh,
      lateral flatten(input => total_bytes:databases)
      where rh.phase_name = 'COMPLETED'
      and rh.start_time >= current_date - interval '14 days';
    
  2. REPLICATION_GROUP_USAGE_HISTORY テーブル関数をクエリして、使用されたクレジット数の合計と、複製グループ myrg の複製のために転送されたバイトの合計を表示します。

    select sum(credits_used), sum(bytes_transferred)
      from table(information_schema.replication_group_usage_history(
          date_range_start=>dateadd('day', -14, current_date()),
          replication_group_name => 'myrg'
      ));
    

プライマリデータベースとセカンダリデータベースのデータセットの比較

データベースオブジェクトが複製グループまたはフェールオーバーグループで複製される場合は、 HASH_AGG 関数を使用して、プライマリデータベースとセカンダリデータベースにあるテーブルのランダムセットの行を比較し、データの一貫性を確認できます。 HASH_AGG 関数は、入力行の(順序付けられていない)セットの署名付き64ビットハッシュ値の集合を返します。セカンダリデータベースとプライマリデータベースのテーブルのすべてまたはランダムなサブセット(プライマリデータベーススナップショットのタイムスタンプ時点)でこの関数をクエリし、出力を比較します。

以下の例では、データベース mydb はフェールオーバーグループ myfg に含まれています。テーブル mydb を含んでいるデータベース mytable

ターゲットアカウントでの実行

  1. REPLICATION_GROUP_REFRESH_PROGRESS テーブル関数(Snowflake Information Schema 内)をクエリします。 PRIMARY_UPLOADING_METADATA フェーズの DETAILS 列にある primarySnapshotTimestamp に注意してください。これは、プライマリデータベースの最新スナップショットのタイムスタンプです。

    SELECT PARSE_JSON(details)['primarySnapshotTimestamp']
      FROM TABLE(information_schema.replication_group_refresh_progress('myfg'))
      WHERE PHASE_NAME = 'PRIMARY_UPLOADING_METADATA';
    
  2. セカンダリデータベースにある指定されたテーブルの HASH_AGG 関数をクエリします。次のクエリは、 mytable テーブル内にあるすべての行のハッシュ値を返します。

    SELECT HASH_AGG( * ) FROM mytable;
    

ソースアカウントでの実行

  1. プライマリデータベースにある同じテーブルの HASH_AGG 関数をクエリします。Time Travelを使用して、セカンダリデータベースの最新のスナップショットが作成されたときのタイムスタンプを指定します。

    SELECT HASH_AGG( * ) FROM mytable AT(TIMESTAMP => '<primarySnapshotTimestamp>'::TIMESTAMP);
    
  2. 2つのクエリの結果を比較します。出力は同一である必要があります。

最上部に戻る