クエリ用のワークシートの使用/ DML / DDL

Worksheets Worksheet tab ページは、 SQL クエリの作成と送信、他のほとんどの DML およびすべての DDL 操作の実行、およびステートメントの完了時に結果を表示するための強力で汎用性の高いインターフェイスを提供します。

注釈

Snowsight のプレビュー、データ分析用に設計された SQL ワークシートの代替が 2020年6月 で導入されました。この機会に、新しい機能とその機能性に慣れておくことをお勧めします。

Snowsightは、デフォルトでアカウント管理者(つまり、 ACCOUNTADMIN のロールを持つユーザー)に対してのみ有効です。すべてのロールに対してSnowsightを有効にするには、アカウント管理者が新しいウェブインターフェイスにログインして、サポートを明示的に有効にする必要があります。

プレビュー機能は、評価およびテストを目的としたものであり、実稼働環境での使用は推奨されていません。

このトピックの内容:

機能の概要

Worksheet page in the Snowflake web interface
  1. オブジェクトブラウザー。

  2. ワークシートの追加。

  3. ドロップダウンメニュー:

    • ワークシートの管理(検索、開く、削除、名前の変更)。

    • チュートリアルを開く。

    • スクリプトのロード。

  4. ドロップダウンメニュー:

    • 作業を失うことなく、現在のワークシートの現在のデータベース、スキーマ、またはウェアハウスを変更する。

    • 現在のウェアハウスの再開/一時停止またはサイズ変更。

  5. ドロップダウンメニュー:

    • スクリプトのロード。

    • テキストの強調表示の有効化/無効化。

    • 実行確認の表示/非表示。

    • 現在のワークシートを削除。

  6. SQL エディター。

  7. 結果のダウンロード。

  8. 結果をクリップボードにコピー。

  9. 結果を最大化/復元。

  10. 列の表示/非表示。

ワークシートは、以下を含むビジネスおよびワークフローのすべてのニーズを満たすように設計されています。

  • アドホッククエリの実行と他の SQL 操作の実行。

  • それぞれが個別のセッションを持つ、複数の並行ワークシートを開き、 UI のパフォーマンスを低下させることなく、異なるコンテキストの異なるワークシートでクエリを実行できます。

  • 後で使用するためにワークシートを保存します。

  • 保存したワークシートのライブラリからワークシートを開きます。

    注釈

    • 保存されたワークシートは、Snowflakeウェブインターフェイスの外部からはアクセスできません。

    • 現在、保存したワークシートを他のユーザーと共有することはできません。

  • ワークステーションまたはネットワークからワークシートに SQL スクリプトファイルをロードします。スクリプトファイルをロードした後、必要に応じて編集し、保存したワークシートのライブラリに保存できます。

  • 作業を失うことなくログアウトします。Snowflakeは各ワークシートの静的コンテンツを保持するため、後で再度ログインして、中断したところから作業を再開できます。Snowflakeはログアウト時に開いていたワークシートを表示します。

    サイズ変更/縮小されたペイン、結果/データプレビュー列の幅の変更、および SQL エディターのカーソル位置も保持されることに注意してください:

    • 開いているワークシートを切り替えるとき。

    • 同じワークシートを閉じて再度開くとき。

    • ユーザーセッション間。

  • ワークシートごとに異なるロールを指定し、作業を失うことなくロールを切り替えます。ワークシートで特定のステートメントを実行し、同じワークシートで作業を続ける前にロールを切り替えることができます。

    注釈

    現在のインターフェイスロールによって、開くワークシートの既定のロールが決まりますが、ワークシートはインターフェイスロールに関連付けられていません。各ワークシートには、独立して設定できる独自のロールがあります。

  • 別のブラウザまたはタブでSnowflakeにログインします。1つのSnowflakeインスタンスで行ったワークシートの変更は、1〜2分後に他のインスタンスに保持されます。作業を再入力せずに、他のブラウザー(またはタブ)で作業を続けることができます。

  • 必要に応じて、ブラウザを更新します。クエリを実行中の場合、更新が完了すると実行が再開されます。Snowflakeからログアウトすると、アクティブなクエリの実行が停止することに注意してください。

このページでは、次のような他のタスクも実行できます:

  • 現在のウェアハウスのサイズを変更して、クエリおよびその他の DML ステートメントの実行に使用される計算リソースを動的に増減します。

  • 選択したクエリ/ステートメントの結果をエクスポートする(結果がまだ利用可能な場合)。詳細については、 クエリ結果のエクスポート をご参照ください。

ワークシートの保存と管理

Snowflakeは、入力時にワークシートを自動的に保存し、ユーザーセッション間でワークシートの現在の状態を保持します。ワークシートを整理するには、タブ内のワークシートラベル(例えば、 Worksheet 2)をダブルクリックし、ワークシートのよりわかりやすい新しい名前(例えば、 Sales Analysis)を入力します。

閉じたワークシートを開くには、開いているワークシートのタブの右側にある下矢印をクリックして、 Open Worksheet をクリックします。 Open Worksheet ダイアログが開きます。

Open Worksheet dialog in the worksheet page
  1. ラベルでワークシートを検索します。

  2. 選択したワークシートを削除します。

  3. 行をクリックして、単一のワークシートを選択します。

    CMD (Mac)または CTRL (Windows)キーを1回クリックし、複数の行をクリックして複数のワークシートを選択します。

  4. ラベルをダブルクリックして編集します。

  5. 選択したワークシートを開きます。

Open Worksheet ダイアログは、次のアクションをサポートしています。

アクション

ステップ

ラベルで個々のワークシートを検索します。

Search フィールドにテキストを入力します。既存のワークシートのリストは自動的にフィルタリングされます。

ワークシートのラベルを編集します。

ワークシートのラベルをダブルクリックして、テキストを編集します。ワークシートのラベルは255文字に制限されています。

1つ以上のワークシートを開くか削除します。

  1. ワークシートの表の行をクリックして、単一のワークシートを選択します。

    複数のワークシートを選択するには、 CMD (Mac)または CTRL (Windows)キーを1回クリックしてから、複数のテーブル行をクリックします。

  2. Open ボタンをクリックして、ワークシートを個別のタブで開く、 または Delete ボタンをクリックしてワークシートを削除します。

オブジェクトブラウザの使用

Object browser in the worksheet page
  1. テーブルデータをプレビューします。

  2. ダブルクリックして名前を SQL エディターに挿入します。

オブジェクトブラウザーを使用すると、ユーザーは、ワークシート用に選択したロールでアクセスできるすべてのデータベース、スキーマ、テーブル、およびビューを確認できます。

ワークシートのコンテキストが変更されると、データベースおよびその他のオブジェクトのリストが自動的に更新されます。ユーザーは、オブジェクトブラウザの上部にある更新ボタンをクリックして、オブジェクトの変更をすぐに表示することもできます。

オブジェクトブラウザはいつでも折りたたんで、 SQL エディタと結果/履歴ペインのためのスペースを空けることができます。

データベースオブジェクトの探索

データベースまたはスキーマをクリックして、含まれるデータベースオブジェクトを調べます。その後、テーブルおよびビューレベルにドリルダウンできます。

アクション

オプション

注意

データプレビューペインでのテーブル/ビューデータのプレビュー

  • 次をクリックします:目的のテーブル/ビュー、 または

  • 目的のテーブル/ビューの上にマウスを置いてクリックします:

    ... » Preview Data

  • データのプレビューは最初の100行に制限されています。

  • データをプレビューするには、アクティブなウェアハウスが必要です。

  • ビューのデータがプレビューされると、データプレビューペインに SQL Text ボタンが表示されます。このボタンをクリックすると、現在のビューの説明に SQL ステートメントが表示されます。

オブジェクトブラウザでデータベースまたはスキーマをワークシートのコンテキストとして設定します

  • 目的のデータベース/スキーマの上にマウスを置いてクリックします:

    ... » Set as Context

  • これは、右上の Context バーをクリックして、ドロップダウンメニューからデータベース/スキーマを選択するショートカットです。

データベースまたはオブジェクトの完全修飾名を SQL エディターのカーソル位置に挿入します

  • 次をダブルクリックします:データベースまたはオブジェクト、 または

  • データベース/オブジェクトの上にマウスを置いてクリックします:

    ... » Place Name in SQL

データベースオブジェクトの検索

Find database objects フィールドを使用して、データベース、スキーマ、テーブル、およびビューを検索します。検索は「で始まる」検索であり、検索文字列が二重引用符で囲まれていない限り、大文字と小文字を区別しないことに注意してください。

オブジェクトブラウザーでアイテムの上にマウスを置いたときに表示される検索アイコンを使用して、データベースまたはスキーマ内を検索することもできます。

ウェアハウスの管理

コンテキストメニューをクリックして、ワークシートに別のアクティブなウェアハウスを選択します。選択したウェアハウスを再開または一時停止したり、ウェアハウスのサイズを変更したりできます。

Warehouse controls in the context menu

クエリの管理

重要

ワークシートに表示されるクエリの詳細と結果は、現在のユーザーセッションに対してのみ維持されます。ウェブインターフェイスからログアウトして再度ログインすると、以前のセッションの結果はワークシートに表示されなくなります。ただし、 History History tab ページを使用して、以前のセッションで実行したクエリを表示できます。

クエリの実行

次のオプションのいずれかを使用して、 SQL エディターでクエリを実行します:

アクション

ステップ

キーボードのショートカット

単一のクエリを実行する

  1. クエリ内の任意の場所にカーソルを置きます(選択しないで)。

  2. Run ボタンをクリックします。

クエリの任意の場所にカーソルを置き、次のキーの組み合わせを入力します:

Mac

[CMD]+[RETURN]

Windows

[CTRL]+[ENTER]

すべてのクエリを実行する

  1. All Queries チェックボックスを選択します。

  2. Run ボタンをクリックします。

該当なし(なし)

単一/複数のクエリを実行する(確認付き)

  1. 1つ以上の連続したクエリを選択します。

  2. Run ボタンをクリックします。Snowflakeは、選択したクエリを実行するかどうかを確認する確認ダイアログを表示します。

該当なし(なし)

すべてのクエリを実行する(確認付き)

  1. すべてのクエリを選択します。

  2. Run ボタンをクリックします。Snowflakeは、選択したクエリを実行するかどうかを確認する確認ダイアログを表示します。

クエリが選択されていない状態で、次のキーの組み合わせを入力します:

Mac

[SHIFT]+[CMD]+[RETURN]

Windows

[SHIFT]+[CTRL]+[ENTER]

実行中のクエリの中止

クエリの実行中、 Run ボタンは Abort ボタンに変わります。このボタンをクリックして、実行中のクエリを中止します。

クエリ情報と詳細の表示

クエリが実行されると、ステータスバーに現在の合計クエリ時間が表示されます。バーの上にカーソルを置くと、期間の内訳が表示されます。

Duration popup in the results pane
  1. カーソルを合わせて、クエリメトリックを表示します。

Query ID リンクをクリックして、クエリの詳細を確認します。ポップオーバーには、クエリ ID をオペレーティングシステムの一時メモリにコピーしたり、クエリ履歴に移動したりするためのリンクがあります。

Duration popup in the results pane
  1. クリックしてクエリ IDをコピーします。

  2. クリックしてクエリ履歴に移動します。

キーボードショートカットを使用したクエリのフォーマット

ワークシート内の SQL エディターは、クエリやその他の SQL ステートメントの書式設定のために、次のキーボードキーとキーの組み合わせをサポートしています:

タブストップ

行にタブストップを(4文字間隔で)挿入するには、 [TAB] キーを使用します:

  • カーソルが行の先頭にある場合、4つの空白スペースが挿入されます。

  • カーソルが行内にある場合、次のタブストップに到達するのに十分な空白スペースが追加されます。

インデント/アウトデント

行(または複数行)に2つの空白スペースをインデント/アウトデントするには、行の任意の場所にカーソルを置き(または目的の行を強調表示し)、 [CMD] (Mac)または [CTRL] (Windows)キーを押して、1つ以上を入力します。

  • 入力されたブラケットの数だけ行をインデントするための右角括弧 ]

  • 入力された括弧の数だけ行をインデントするための左角括弧 [

行がインデントされている場合、インデントされた行の後のすべての新しい行は、同じ数の空白スペースで自動的にインデントされます。

コメント

行(または複数行)をコメントアウトするには、行の任意の場所にカーソルを置き(または目的の行を強調表示し)、 [CMD] (Mac)または [CTRL] (Windows)キーを押して、スラッシュ(/)を入力します。

テキストの強調表示

開いているすべてのワークシートでテキストの強調表示を有効または無効にするには、ワークシート内の任意の場所にカーソルを置き、 [SHIFT]+[CMD] (Mac)または [SHIFT]+[CTRL] (Windows)キーを押して、文字 K を入力します。

複数のカーソルを追加する

同じワークシートに複数のカーソルを追加するには、 [CMD] (Mac)または [CTRL] (Windows)キーを押しながら、マウスの左ボタンまたはタッチパッドを使用して新しい場所をクリックします。

テキスト領域を選択

テキスト領域を選択するには、 [OPTION] (Mac)または [ALT] (Windows)キーを押します。カーソルが十字線に変わります。マウスの左ボタンまたはタッチパッドを使用してクリックして、ドラッグします。

テキスト文字列の検索と置換

ワークシート内のテキスト文字列を検索して置換するには:

  1. [CMD]+[OPT]+[F] (Mac)または [SHIFT]+[CTRL]+[F] (Windows)キーを押したままにします。 Replace フィールドが表示されます。

    テキスト文字列の すべての インスタンスを置き換えるには、 [CMD]+[OPT]+[SHIFT]+[F] (Mac)または [SHIFT]+[CTRL]+[SHIFT]+[F] (Windows)キーを押します。

  2. 置き換える文字列を入力し、 Enter キーを押します。 With フィールドが表示されます。

  3. 置換文字列を入力し、 Enter キーを押します。オプションのセットが表示されます。

  4. 目的のオプションをクリックします:

    はい

    文字列の現在のインスタンスを指定の置換に置き換え、次のインスタンスに進みます。

    いいえ

    文字列の現在のインスタンスを保持し、次のインスタンスに進みます。

    すべて

    文字列のすべてのインスタンスを指定の置換に置き換えます。

    停止

    文字列のインスタンスの検索を停止します。