カテゴリ:

Information Schemaテーブル関数

STAGE_DIRECTORY_FILE_REGISTRATION_HISTORY

このテーブル関数は、ディレクトリテーブルのメタデータ履歴に関する次のような情報をクエリするために使用できます。

  • メタデータの更新の一部として自動的に追加または削除されるファイル。

  • メタデータの更新時に見つかったエラー。

構文

STAGE_DIRECTORY_FILE_REGISTRATION_HISTORY (
      STAGE_NAME => '<string>'
      [, START_TIME => <constant_expr> ] )

引数

必須:

STAGE_NAME => '文字列'

ディレクトリテーブルを持つステージの名前を指定する文字列。

オプション:

START_TIME => 定数式

過去14日以内のタイムスタンプ( TIMESTAMP_LTZ 形式)で、メタデータ更新イベントを取得するための時間範囲の開始をマークします。

注釈

  • 開始時間が指定されていない場合、関数は過去14日以内のすべての更新イベントを返します。

  • 開始時間が過去14日間を超える場合、関数は空の結果を返します。

使用上の注意

  • ステージの所有者(つまり、ステージに対する OWNERSHIP 権限を持つロール)、またはそれより上位のロール、 または ディレクトリテーブルのあるステージを含んでいるデータベースおよびスキーマに対する USAGE 権限を持つロール、およびステージに対する任意の権限を持つロールに結果を返します。

  • テーブル関数は、ディレクトリテーブルが更新(つまり、同期)されてデータファイルがメタデータに含まれるまで、ステージングされたデータファイルに関するメタデータを取得できません。

  • Information Schemaテーブル関数を呼び出す場合、セッションには使用中の INFORMATION_SCHEMA スキーマ または 完全修飾の関数名が必要です。詳細については、 Snowflake Information Schema をご参照ください。

出力

この関数は、次の列を返します。

列名

データ型

説明

JOB_CREATED_TIME

TIMESTAMP_LTZ

操作が発生したときのタイムスタンプ。

FILE_NAME

TEXT

ステージングされたソースファイルの名前とファイルへの相対パス。

OPERATION_STATUS

TEXT

ステータス: REGISTERED_NEW、 REGISTERED_UPDATE、 REGISTER_SKIPPED、 REGISTER_FAILED、 UNREGISTERED、または UNREGISTER_FAILED。

MESSAGE

TEXT

操作ステータスに付随するメッセージ。

FILE_SIZE

NUMBER

ディレクトリテーブルに追加されたファイルのサイズ(バイト単位)。

LAST_MODIFIED

TIMESTAMP_LTZ

ステージでファイルが最後に更新されたときのタイムスタンプ。

mystage ステージによって参照されるすべてのデータファイルに格納されているメタデータを取得します。

SELECT *
  FROM TABLE(information_schema.stage_directory_file_registration_history(
  STAGE_NAME=>'MYSTAGE'));

過去1時間以内に開始された mydb.public.mystage ステージのディレクトリテーブルの登録イベントを取得します。

SELECT *
  FROM TABLE(information_schema.stage_directory_file_registration_history(
    START_TIME=>DATEADD('hour',-1,current_timestamp()),
    STAGE_NAME=>'mydb.public.mystage'));
最上部に戻る