カテゴリ:

Information Schemaテーブル関数

TASK_DEPENDENTS

このテーブル関数は、タスクの DAG 内の特定のルートタスクに対する子 タスク のリストを返します。

構文

TASK_DEPENDENTS(
      TASK_NAME => '<string>'
      [, RECURSIVE => <Boolean> ] )

引数

TASK_NAME => 'string'

タスクを指定する文字列です。この関数は、指定されたルートタスクを最初のエントリとして返し、その後に子タスクのリストが続きます。

  • データベースとスキーマ(名前が完全修飾されている場合)を含む、名前全体を一重引用符で囲む必要があります。つまり、 '<データベース>.<スキーマ>.<タスク名>'

  • タスク名で大文字と小文字が区別されるか、特殊文字やスペースが含まれる場合、大文字と小文字の処理には二重引用符が必要です。二重引用符は、一重引用符で囲む必要があります。つまり、 '"<タスク名>"'

RECURSIVE => Boolean

直接の子タスクのみを含めるように出力を制限するか、すべての再帰子タスクを含めるかを指定します。

TRUE :出力ですべての再帰的な子タスク(子、孫など)を返します。

FALSE :出力で直接の子タスクのみを返します。

デフォルト: TRUE

使用上の注意

  • タスクの所有者(つまり、タスクの OWNERSHIP 権限を持つロール) または タスクの MONITOR または OPERATE 権限を持つロールの行のみを返します。

  • 情報スキーマテーブル関数を呼び出す場合、セッションには使用中の INFORMATION_SCHEMA スキーマ または 完全修飾の関数名が必要です。詳細については、 Snowflake Information Schema をご参照ください。

出力

関数の出力は、次の列にテーブルプロパティとメタデータを提供します。

| created_on | name | database_name | schema_name | owner | comment | warehouse | schedule | predecessors | state | definition | condition |

説明

created_on

タスクが作成された日時。

name

タスクの名前。

database_name

タスクのスキーマのデータベース。

schema_name

タスクのスキーマ。

owner

タスクを所有するロール(つまり、タスクに対する OWNERSHIP 権限を持つ)

comment

タスクのコメント。

warehouse

タスクを実行するために必要なリソースを提供するウェアハウス。

schedule

タスクを実行するスケジュール。スケジュールが指定されていない場合、 NULL を表示します。

predecessors

JSON タスクの AFTER パラメーターで識別されたタスク(つまり、先行タスク)の配列。正常に実行されて完了すると、これらのタスクが現在のタスクをトリガーします。配列内の個々のタスク名は完全修飾されています(つまり、コンテナーデータベースとスキーマ名が含まれます)。 . . タスクに先行するタスクがない場合は空の配列が表示されます。

state

タスクの現在の状態に基づいて「開始」または「一時停止」。

definition

タスクの実行時に実行される SQL ステートメント。

condition

タスクの WHEN 句で指定された条件。

mydb.myschema.mytask タスクの直接の子タスクのリストを取得します。

select *
  from table(information_schema.task_dependents(task_name => 'mydb.myschema.mytask', recursive => false));