カテゴリ:

情報スキーマテーブル関数

VALIDATE_PIPE_LOAD

このテーブル関数は、指定された時間範囲内で Snowpipe によって処理されたデータファイルを検証するために使用できます。この関数は、Snowflakeテーブルへのデータロード試行中に発生したエラーに関する詳細を返します。

注釈

この関数は、過去14日以内のパイプアクティビティを返します。

構文

VALIDATE_PIPE_LOAD(
      PIPE_NAME => '<string>'
       , START_TIME => <constant_expr>
      [, END_TIME => <constant_expr> ] )

引数

PIPE_NAME => 文字列

パイプを指定する文字列です。この関数は、指定されたパイプの結果のみを返します。

START_TIME => 定数式

過去14日以内のタイムスタンプ( TIMESTAMP_LTZ 形式)です。エラーイベントを取得するための時間範囲の開始をマークします。

オプション:

END_TIME => 定数式

過去14日以内のタイムスタンプ( TIMESTAMP_LTZ 形式)です。エラーイベントを取得するための時間範囲の終了をマークします。

使用上の注意

  • 情報スキーマテーブル関数を呼び出す場合、セッションには使用中の INFORMATION_SCHEMA スキーマ または 完全修飾の関数名が必要です。詳細については、 情報スキーマ をご参照ください。

  • 指定した時間範囲内のデータファイルの処理中にSnowpipeでエラーが発生しなかった場合、関数は結果を返しません。

  • パイプ記述の COPY ステートメントに、ロード中にデータをさらに変換するクエリ(つまり COPY 変換)が含まれている場合、関数は、現在ユーザーエラーを返します。

  • 指定した日付範囲が過去15日間外の場合、エラーが返されます。

出力

この関数は、次の列を返します。

列名

データ型

説明

ERROR

TEXT

ソースファイルの最初のエラー。

FILE

TEXT

エラーが発生したソースファイルの名前。

LINE

NUMBER

エラーが発生したソースファイル内の行の番号。

CHARACTER

NUMBER

エラーが発生した文字の位置。

BYTE_OFFSET

NUMBER

エラーが発生した文字へのバイトオフセット。

CATEGORY

TEXT

エラーが発生したときの操作のカテゴリ。

CODE

NUMBER

ERROR 列に表示されるエラーメッセージのID 。

SQL_STATE

NUMBER

SQL 状態コード。

COLUMN_NAME

TEXT

エラーが含まれていた列の名前と順序。

ROW_NUMBER

NUMBER

エラーが発生したソースファイル内の行の番号。

ROW_START_LINE

NUMBER

エラーが発生した行の最初の行の番号。

REJECTED_RECORD

TEXT

エラーを含むレコード。

過去1時間以内の mypipe パイプの負荷を検証します。

select * from table(validate_pipe_load(
  pipe_name=>'MY_DB.PUBLIC.MYPIPE',
  start_time=>dateadd(hour, -1, current_timestamp())));