スキーマ:

ORGANIZATION_USAGE

WAREHOUSE_METERING_HISTORY ビュー

この組織の使用状況ビューを使用して、過去365日間(1年間)以内の組織内にあるアカウント全体で、ウェアハウス1つ以上の1時間ごとのクレジット使用状況を返すことができます。

列名

データ型

説明

ORGANIZATION_NAME

VARCHAR

使用された組織の名前。

ACCOUNT_NAME

TEXT

使用されたアカウントの名前。

REGION

VARCHAR

アカウントがあるSnowflakeリージョンの名前。

ACCOUNT_LOCATOR

VARCHAR

使用されたアカウントのロケーター。

SERVICE_TYPE

TEXT

使用法が標準アカウント用かリーダーアカウント用かを識別するサービスのタイプ。有効な値: WAREHOUSE_METERING または WAREHOUSE_METERING_READER。

START_TIME

TIMESTAMP_LTZ

ウェアハウスの使用が行われた日付と、時間の開始( UTC タイムゾーン)。

END_TIME

TIMESTAMP_LTZ

ウェアハウスの使用が行われた日付と、時間の終了( UTC タイムゾーン)。

WAREHOUSE_ID

NUMBER

ウェアハウスの内部/システム生成識別子。

WAREHOUSE_NAME

TEXT

ウェアハウスの名前。

CREDITS_USED

NUMBER

時間内にウェアハウスによって使用されたクレジットの総数。これは CREDITS_USED_COMPUTE と CREDITS_USED_CLOUD_SERVICES の合計です。この値にはクラウドサービスのクレジット調整が含まれていないため、ウェアハウスの実際のクレジット消費量よりも大きくなる可能性があります。

CREDITS_USED_COMPUTE

NUMBER

時間内にウェアハウスに使用されたクレジットの数。

CREDITS_USED_CLOUD_SERVICES

NUMBER

時間内にクラウドサービスに使用されたクレジットの数。

使用上の注意

  • ビューの遅延は最大1440分(24時間)です。