カテゴリ:

システム関数 (システム情報)

SYSTEM$SHOW_OAUTH_CLIENT_SECRETS

クライアントシークレットを文字列で返します。クライアント ID およびクライアントシークレットは、 OAuth トークンエンドポイントへの認証ヘッダーに含まれている必要があります。

構文

SYSTEM$SHOW_OAUTH_CLIENT_SECRETS( '<integration_name>' )

引数

統合名

統合の名前です。統合名は大文字と小文字が区別され、大文字で、一重引用符で囲む必要があります。

出力

この関数は、 JSON オブジェクトで次の要素を返します。

列名

データ型

説明

oauth_client_secret_2

BASE64

指定された統合のセカンダリクライアントシークレット。Snowflakeは、2つのクライアントシークレットをサポートし、中断のないローテーションを可能にします。

oauth_client_secret

BASE64

指定された統合のクライアントシークレット

oauth_client_id

STRING

Snowflakeのクライアント ID

次の例では、指定された統合のクライアントシークレットを取得します。

select system$show_oauth_client_secrets('MYINT');