スキーマ:

ORGANIZATION_USAGE

METERING_DAILY_HISTORY ビュー

ORGANIZATION_USAGE スキーマの METERING_DAILY_HISTORY ビューを使用して、過去365日間(1年間)以内にある組織の毎日のクレジット使用状況とクラウドサービスリベートを確認できます。

列名

データ型

説明

SERVICE_TYPE

VARCHAR

WAREHOUSE_METERINGWAREHOUSE_METERING_READERAUTOMATIC_CLUSTERINGMATERIALIZED_VIEWPIPE、または REPLICATION のいずれかのサービスのタイプ。

ORGANIZATION_NAME

VARCHAR

使用のあった組織の名前。

ACCOUNT_NAME

VARCHAR

使用のあったアカウントの名前。

ACCOUNT_LOCATOR

VARCHAR

使用のあったアカウントのロケーター。

USAGE_DATE

DATE

使用のあった日付(UTCタイムゾーン)。

CREDITS_USED_COMPUTE

FLOAT

USAGE_DATEにコンピューティング/仮想ウェアハウスに使用されたクレジットの数。

CREDITS_USED_CLOUD_SERVICES

FLOAT

USAGE_DATEにクラウドサービスのために使用されたクレジットの数。

CREDITS_USED

FLOAT

CREDITS_USED_COMPUTEとCREDITS_USED_CLOUD_SERVICESの合計。

CREDITS_ADJUSTMENT_CLOUD_SERVICES

FLOAT

含まれるクラウドサービスのために調整されたクレジットの数。これは負の値です(例: -9)。

CREDITS_BILLED

FLOAT

当日アカウントに対して請求されたクレジットの総数。これはCREDITS_USED_COMPUTE、CREDITS_USED_CLOUD_SERVICES、およびCREDITS_ADJUSTMENT_CLOUD_SERVICESの合計です。

REGION

VARCHAR

アカウントが配置されているSnowflake地域のID。

使用上の注意

  • ビューの遅延は最大120分(2時間)です。

  • データは365日間(1年)保持されます。