カテゴリ:

システム関数 (システム情報)

SYSTEM$GET_PREDECESSOR_RETURN_VALUE

タスクのツリーで先行タスクの戻り値を取得します。戻り値は、 SYSTEM$SET_RETURN_VALUE 関数を呼び出すことにより、先行タスクによって明示的に設定されます。

構文

SYSTEM$GET_PREDECESSOR_RETURN_VALUE()

引数

なし。

使用上の注意

なし。

この関数の包括的な例については、 SYSTEM$SET_RETURN_VALUE をご参照ください。