カテゴリ:

システム関数 (システム情報)

SYSTEM$LAST_CHANGE_COMMIT_TIME

テーブルまたはビューで実行された最後の DML 変更のコミット時間を返します。ビューの場合、関数はビューで参照されるすべてのオブジェクトの最新のコミット時間を返します。

指定されたテーブルまたは指定されたビューの基になるテーブルで実行された各 DML について、戻り値が増加します。ただし、この値をタイムスタンプとして解釈したり、タイムスタンプに変換したりしないでください。

関数はシステム関数、つまり SYSTEM$LAST_CHANGE_COMMIT_TIME として呼び出す必要があることに注意してください。

構文

SYSTEM$LAST_CHANGE_COMMIT_TIME( '<object_name>'  )

使用上の注意

  • オブジェクト名 は、最後の DML のコミット時間が返されるテーブルまたはビューを指定します。

  • 関数によって返される値は、エポックの開始から(つまり、1970年1月1日の午前0時から)のミリ秒として表される UTC タイムスタンプです。基になるテーブルデータが変更されたかどうかを判断するために、 BI ツールなどのアプリケーションで使用できます。これは、ダッシュボードを表示し、テーブル内の新しいデータに基づいてダッシュボードを更新する必要があるかどうかを把握する必要があるアプリケーションに役立ちます。

CALL SYSTEM$LAST_CHANGE_COMMIT_TIME('mytable');

+--------------------------------+
| SYSTEM$LAST_CHANGE_COMMIT_TIME |
|--------------------------------|
|                  1501896165983 |
+--------------------------------+
SELECT SYSTEM$LAST_CHANGE_COMMIT_TIME('mytable');

+--------------------------------+
| SYSTEM$LAST_CHANGE_COMMIT_TIME |
|--------------------------------|
|                  1501896165983 |
+--------------------------------+

INSERT INTO mytable VALUES (2,100), (3,300);

SELECT SYSTEM$LAST_CHANGE_COMMIT_TIME('mytable');

+--------------------------------+
| SYSTEM$LAST_CHANGE_COMMIT_TIME |
|--------------------------------|
|                  1501896192700 |
+--------------------------------+