カテゴリ:

システム関数 (システム情報)

SYSTEM$VERIFY_EXTERNAL_OAUTH_TOKEN

外部 OAuth アクセストークンが有効か、期限切れで再生成が必要かを決定します。

構文

SYSTEM$VERIFY_EXTERNAL_OAUTH_TOKEN( '<access_token>' )

引数

access_token

OAuth 2.0サーバーによって生成された外部 OAuth アクセストークン。

出力

この関数は、検証結果と理由を示す JSON オブジェクトを返します。クエリ結果にトークン自体が表示されることはありません。たとえば、Snowflakeで機密情報が不必要に公開されないように、無効なトークンは、結果ではマスクされたトークンを返す必要があります。

列名

データ型

説明

検証結果

文字列

有効なトークンは Passed を返します。 . 無効なトークンは Failed を返します。

理由

文字列

有効なトークンは、発行者 URL とユーザーを返します。 . 無効なトークンは、アクセストークンに問題があることを示します(例: EXTERNAL_OAUTH_JWS_INVALID_FORMAT)。

次の例は、有効な外部 OAuth トークンの結果を返します。

SYSTEM$VERIFY_EXTERNAL_OAUTH_TOKEN('<access_token>');

+-----------------------------------------------------------------------------------------------+
| Token Validation finished.{"Validation Result":"Passed","Issuer":"<URL>","User":"<username>"} |
+-----------------------------------------------------------------------------------------------+