カテゴリ:

システム関数 (システム制御)

SYSTEM$WAIT

続行する前に指定された時間待機します。

構文

SYSTEM$WAIT( amount [ , time_unit ] )

引数

必須:

タイムユニット で決定される待機時間を指定する数値です。

オプション:

タイムユニット

の時間単位です。有効な値は、 DAYS、 HOURS、 MINUTES、 SECONDS、 MILLISECONDS、 MICROSECONDS、 NANOSECONDSです。単位は一重引用符で囲む必要があります(下記の を参照)。

デフォルト:SECONDS

使用上の注意

  • この関数は、システム関数として呼び出す必要があります。

  • ほとんどのシステムには、ナノ秒精度のクロックはありません。その結果:

    • 実際の待機時間は、指定された待機時間と正確に一致しない場合があります。

    • 報告される待ち時間は正確ではない場合があります。

CALL SYSTEM$WAIT(10);

-------------------+
    SYSTEM$WAIT    |
-------------------+
 waited 10 seconds |
-------------------+
CALL SYSTEM$WAIT(2, 'MINUTES');

-------------------+
    SYSTEM$WAIT    |
-------------------+
 waited 2 minutes  |
-------------------+