従来のウェブインターフェイス

classic web interface は新しい Snowsight, the Snowflake web interface に置き換えられています。 classic web interface は完全にサポートされていますが、将来廃止される可能性があります。 classic web interface を使用して、通常は SQL とコマンドラインを使用して実行される次のようなタスクを実行できます。

  • ユーザーおよびその他のアカウントレベルオブジェクトの作成と管理(必要な管理者のロールがある場合)。

  • 仮想ウェアハウスの作成と使用。

  • データベースおよびすべてのデータベースオブジェクト(スキーマ、テーブル、ビューなど)の作成および変更。

  • テーブルへのデータロード。

  • クエリの送信と監視。

  • パスワードの変更とユーザー設定の設定。

次のトピック:

最上部に戻る