ウェブインターフェイス

Snowflakeウェブインターフェイスは使いやすく強力です。これを使用して次を含む、 SQL とコマンドラインを使用して実行できるほぼすべてのタスクを実行できます:

  • ユーザーおよびその他のアカウントレベルオブジェクトの作成と管理(必要な管理者のロールがある場合)。

  • 仮想ウェアハウスの作成と使用。

  • データベースおよびすべてのデータベースオブジェクト(スキーマ、テーブル、ビューなど)の作成および変更。

  • テーブルへのデータロード。

  • クエリの送信と監視。

さらに、ウェブインターフェイスを使用してSnowflakeパスワードを変更し、ユーザー設定を管理できます。

この一連のトピックでは、インターフェイスで実行できるすべてのタスクについて説明しているわけではありません。代わりに、特に Worksheets Worksheet tab ページと History History tab ページで、一般的な使用情報を提供するとともに、インターフェイスのより重要で便利な機能の一部を強調しています。

注釈

新しいウェブインターフェイスに関するノート。

最新の高性能ウェブアプリケーションを実行するためにまったく新しいアーキテクチャを使用して構築された、新しいウェブインターフェイスのプレビューをご紹介します。

新しいウェブインターフェイスでは、次の新機能を利用できます。

  • Snowsight、データ分析用に設計された SQL ワークシートの代替。

  • Data Marketplace。

新しいウェブインターフェイスの機能セットは、時間の経過とともに拡張され、追加のワークフローと機能が含まれるようになります。

便宜上、新しいウェブインターフェイスで作業しているときに、現在のユーザーセッションで従来のウェブインターフェイスの機能にアクセスする必要がある場合は、従来のウェブインターフェイスを別のタブに開くようお勧めします。

次のトピック: