カテゴリ:

Information Schemaテーブル関数

CURRENT_TASK_GRAPHS

現在スケジュールされている、または実行中の グラフ 実行のステータスを返します。グラフは現在、単一のスケジュールされたタスク または スケジュールされたルートタスクと1つ以上の子タスク(つまり、定義された先行タスクを持つタスク)で構成されるタスクの DAG として定義されています。この関数の目的上、 ルートタスク は、単一のスケジュールされたタスク、またはDAG内のルートタスクのいずれかを指します。

この関数は、現在実行中のグラフ実行、または今後8日以内に実行するように次回スケジュールされているグラフ実行の詳細を返します。過去60分間に完了したグラフ実行の詳細を取得するには、 COMPLETE_TASK_GRAPHS テーブル関数をクエリします。

この関数は、Snowflakeアカウント全体または指定されたルートタスクのグラフ実行の詳細を返します。

構文

CURRENT_TASK_GRAPHS(
      [ RESULT_LIMIT => <integer> ]
      [, ROOT_TASK_NAME => '<string>' ] )

引数

すべての引数はオプションです。

RESULT_LIMIT => integer

関数によって返される行の最大数を指定する数です。結果は、 SCHEDULED_TIME の降順で返されることに注意してください。一致する行の数がこの制限よりも大きい場合、指定された制限まで、最新のスケジュールされたタイムスタンプを持つグラフ実行が返されます。

範囲: 110000

デフォルト: 1000

ROOT_TASK_NAME => string

ルートタスクの名前を指定する大文字と小文字を区別しない文字列。非修飾タスク名のみがサポートされています。指定されたタスクのグラフ実行のみが返されます。複数のタスクが同じ名前を持っている場合、関数はこれらの各タスクのグラフ実行を返します。

使用上の注意

  • ACCOUNTADMIN ロール、タスク所有者(つまり、タスクに対する OWNERSHIP 権限を持つロール)、またはグローバル MONITOR EXECUTION 権限を持つロールの結果のみを返します。ロールが、 MONITOR EXECUTION 権限に加えて、タスクを保存するデータベースとスキーマに対する USAGE 権限を持つ場合以外は、出力の DATABASE_NAME および SCHEMA_NAME 値は NULL であることに注意してください。

  • CURRENT_TASK_GRAPHS 関数がクエリされると、そのタスク名と結果制限引数が 最初 に適用され、指定されている場合には、それぞれ WHERE 句と LIMIT 句が続くことに注意してください。さらに、 CURRENT_TASK_GRAPHS 関数は SCHEDULED_TIME の降順で記録を返します。

    実際には、アカウントで多数のタスクを実行している場合、特に RESULT_LIMIT 値が比較的低い場合、関数によって返される結果には、スケジュールされたタスクのみが含まれる可能性があります。

  • Information Schemaテーブル関数を呼び出す場合、セッションには使用中の INFORMATION_SCHEMA スキーマ または 完全修飾の関数名が必要です。詳細については、 Snowflake Information Schema をご参照ください。

出力

この関数は、次の列を返します。

列名

データ型

説明

ROOT_TASK_NAME

TEXT

ルートタスクの名前。

DATABASE_NAME

TEXT

グラフを含むデータベースの名前。

SCHEMA_NAME

TEXT

グラフを含むスキーマの名前。

STATE

TEXT

グラフ実行の状態:

  • SCHEDULED: ルートタスクは将来スケジュールされます。

  • EXECUTING: グラフで実行されている少なくとも1つのタスクがまだ実行中であるか、ルートタスクが正常に実行されて完了し、1つ以上の子タスクがスケジュールされています。

ルートタスク実行の状態が SKIPPED の場合、関数は実行の行を返さないことに注意してください。

FIRST_ERROR_TASK_NAME

TEXT

エラーを返したグラフにある最初のタスクの名前。エラーが発生したタスクがない場合は、 NULL を返します。

FIRST_ERROR_CODE

NUMBER

FIRST_ERROR_TASK_NAME で名前を付けられたタスクによって返されるエラーのエラーコード。エラーが発生したタスクがない場合は NULL を返します。

FIRST_ERROR_MESSAGE

TEXT

FIRST_ERROR_TASK_NAME で名前を付けられたタスクによって返されるエラーのエラーメッセージ。エラーが発生したタスクがない場合は NULL を返します。

SCHEDULED_TIME

TIMESTAMP_LTZ

タスクが実行を開始する/スケジュールされた時刻です。絶対精度を確保するために最善を尽くしますが、保証は、スケジュールされた時間の にタスクが実行されないようにすることのみに限定されます。

QUERY_START_TIME

TIMESTAMP_LTZ

タスク定義のクエリの実行が開始された時刻。このタイムスタンプは、 QUERY_HISTORY によって返されるクエリの開始時間と一致します。

NEXT_SCHEDULED_TIME

TIMESTAMP_LTZ

SCHEDULED_TIME時に開始されたスタンドアロンタスクまたはタスクのDAGの現在の実行が時間内に完了すると仮定して、スタンドアロンタスクまたはルートタスク(DAG内)が次に実行を開始するようにスケジュールされる時間。

ROOT_TASK_ID

TEXT

DAG内のルートタスクの一意の識別子。この ID は、同じタスクの SHOW TASKS 出力にある ID 列の値と一致します。

GRAPH_VERSION

NUMBER

実行された、または実行予定のDAGのバージョンを識別する整数。

RUN_ID

NUMBER

DAG内のスタンドアロンタスクまたはルートタスクが本来実行を開始するようにスケジュールされている、またはされていた時間。形式はエポック時間(単位:ミリ秒)です。ROOT_TASK_ID値とRUN_ID値の組み合わせは、DAGの特定の実行を識別します。 . 元の スケジュール時間とは、システムが同じタスクを再スケジュールして異なる時間に実行し、再試行またはロードのリバランスを行うまれなインスタンスを指します。その場合、 RUN_ID は元のスケジュールされた実行時間を示し、 SCHEDULED_TIME は再スケジュールされた実行時間を示します。

アカウントにあるグラフ実行(完了、実行中、または将来のスケジュール)の最新1000件を取得します。関数によって返される行の最大数は、デフォルトで1000に制限されていることに注意してください。返される行数を変更するには、 RESULT_LIMIT 引数の値を変更します。

select *
  from table(information_schema.current_task_graphs())
  order by scheduled_time;

指定されたタスクのグラフ実行(実行中、または将来のスケジュール)の最新10件を取得します。

select *
  from table(information_schema.current_task_graphs(
    result_limit => 10,
    root_task_name=>'MYTASK'));
最上部に戻る