カテゴリ:

情報スキーマテーブル関数

DATABASE_REFRESH_HISTORY

セカンダリデータベースの更新履歴を返します。

注釈

この関数は、過去14日間のデータベース更新アクティビティを返します。

こちらもご参照ください。

DATABASE_REFRESH_PROGRESS , DATABASE_REFRESH_PROGRESS_BY_JOB

構文

DATABASE_REFRESH_HISTORY( '<secondary_db_name>' )

引数

セカンダリデータベース名

セカンダリデータベースの名前。セカンダリデータベースが現在のセッションのアクティブデータベースである場合、この引数はオプションです。

名前全体を一重引用符で囲む必要があります。

使用上の注意

  • アカウント管理者( ACCOUNTADMIN ロールを持つユーザー)の結果のみを返します。

  • 情報スキーマテーブル関数を呼び出す場合、セッションには使用中の INFORMATION_SCHEMA スキーマ または 完全修飾の関数名が必要です。詳細については、 情報スキーマ をご参照ください。

  • 次は、処理される順序のフェーズのリストです。

    1. SECONDARY_UPLOADING_INVENTORY

    2. PRIMARY_UPLOADING_METADATA

    3. PRIMARY_UPLOADING_DATA

    4. SECONDARY_DOWNLOADING_METADATA

    5. SECONDARY_DOWNLOADING_DATA

    6. COMPLETED / FAILED / CANCELED

出力

この関数は、次の列を返します。

列名

データ型

説明

CURRENT_PHASE

TEXT

現在の複製フェーズ。フェーズのリストについては、使用上の注意をご参照ください。

START_TIME

NUMBER

複製操作が開始された時刻。形式はエポック時間です。

END_TIME

NUMBER

複製操作が終了した時刻(該当する場合)。形式はエポック時間です。

JOB_UUID

TEXT

セカンダリデータベース更新ジョブのクエリ ID 。

COPY_BYTES

NUMBER

複製操作中にコピーされたバイト数。

OBJECT_COUNT

NUMBER

複製操作中にコピーされたデータベースオブジェクトの数。

ユーザーセッションで現在アクティブなデータベースのデータベース更新履歴を取得します。

select *
from table(information_schema.database_refresh_history());