カテゴリ:

情報スキーマテーブル関数

EXTERNAL_TABLE_FILES

このテーブル関数は、指定された 外部テーブル のメタデータに含まれるステージングされたデータファイルに関する情報をクエリするために使用できます。

構文

EXTERNAL_TABLE_FILES(
      TABLE_NAME => '<string>' )

引数

必須:

TABLE_NAME => '文字列'

外部テーブル名を指定する文字列です。

使用上の注意

  • テーブル関数は、外部テーブルが更新(同期)されてデータファイルがメタデータに含まれるまで、ステージングされたデータファイルに関するメタデータを取得できません。

  • 情報スキーマテーブル関数を呼び出す場合、セッションには使用中の INFORMATION_SCHEMA スキーマ または 完全修飾の関数名が必要です。詳細については、 情報スキーマ をご参照ください。

出力

この関数は、次の列を返します。

列名

データ型

説明

FILE_NAME

TEXT

ソースファイルの名前とステージングされたファイルへの相対パス

REGISTERED_ON

TIMESTAMP_LTZ

ファイルメタデータが外部テーブルに追加されたときのタイムスタンプ(外部テーブルメタデータがファイルの詳細で更新されたとき)

FILE_SIZE

NUMBER

ファイルのサイズ(バイト単位)

LAST_MODIFIED

TIMESTAMP_LTZ

ステージでファイルが最後に更新されたときのタイムスタンプ

ETAG

HEX

ファイル用のETag ヘッダー

MD5

HEX

ファイル用のMD5 チェックサム

mytable 外部テーブルによって参照されるすべてのデータファイルに保存されているメタデータを取得します。

select *
from table(information_schema.external_table_files(TABLE_NAME=>'MYTABLE'));