カテゴリ:

システム関数 (システム制御)

SYSTEM$DISABLE_BEHAVIOR_CHANGE_BUNDLE

現在のアカウントの指定されたリリースバンドルに含まれる動作の変更を無効にします。

このコマンドは、特定のバンドル用 テスト期間 の開始時にそのバンドルで使用可能になり、バンドルのオプトアウト期間の後には使用できなくなります。そのバンドルのテスト期間が始まる前、またはそのバンドルのオプトアウト期間が終了した後に、バンドルを使用してこのコマンドを発行すると、エラーが返されます。

このコマンドを使用してテスト期間中に動作変更バンドルを無効にした場合、バンドルを再度有効にするか、オプトアウト期間が終了するまで、バンドルは無効のままになります。バンドルがデフォルトで有効になる場合、オプトアウト期間の開始時にSnowflakeはこの設定を上書きしません。

こちらもご参照ください。

SYSTEM$ENABLE_BEHAVIOR_CHANGE_BUNDLESYSTEM$BEHAVIOR_CHANGE_BUNDLE_STATUS

構文

SYSTEM$DISABLE_BEHAVIOR_CHANGE_BUNDLE( <bundle_name> )

引数

バンドル名

動作変更バンドルの名前。バンドルの名前を取得するには、Snowflake Communityの 保留中の動作変更ログ をご参照ください。

戻り値

関数が動作の変更を正常に無効にした場合、 VARCHAR 値 DISABLED を返します。

select SYSTEM$DISABLE_BEHAVIOR_CHANGE_BUNDLE('2020_08');

+--------------------------------------------------+
| SYSTEM$DISABLE_BEHAVIOR_CHANGE_BUNDLE('2020_08') |
|--------------------------------------------------|
| DISABLED                                         |
+--------------------------------------------------+