カテゴリ:

システム関数 (システム情報)

SYSTEM$GENERATE_SCIM_ACCESS_TOKEN

6か月間有効な新しい SCIM アクセストークンを返します。

構文

SYSTEM$GENERATE_SCIM_ACCESS_TOKEN('<integration_name>')

引数

<integration_name>

TYPE = SCIM のセキュリティ統合の名前。統合名は大文字と小文字が区別されるため、大文字を使用し、一重引用符で囲む必要があります。

詳細については、 CREATE SECURITY INTEGRATION をご参照ください。

使用上の注意

  • SCIM 統合の既存のアクセストークンを無効にするには、 DROP INTEGRATION ステートメントを実行します。

  • Snowflakeで SCIM を引き続き使用するには、SCIM 統合を CREATEORREPLACESECURITYINTEGRATION ステートメントで再作成し、このシステム関数を使用して新しいアクセストークンを生成します。

出力

この関数は、 SCIM アクセストークンを文字列として返します。

次の例では、指定された統合の SCIM アクセストークンを取得します。

SELECT SYSTEM$GENERATE_SCIM_ACCESS_TOKEN('OKTA_PROVISIONING');