カテゴリ:

システム関数 (システム制御)

SYSTEM$GLOBAL_ACCOUNT_SET_PARAMETER

組織 内の指定されたアカウントに対して、 データベース複製 を有効にします。データベースレプリケーションを有効にすると、アカウント管理者(ACCOUNTADMINロールを持つユーザー)はローカルデータベースをプライマリデータベースとして昇格させ、他の 地域 のアカウントにこれらのプライマリデータベースのレプリカ(つまりセカンダリデータベース)を作成できます。

データベースレプリケーションを有効にしている組織内のアカウントごとに、SQL関数を1回呼び出します。これには、プライマリデータベースまたはセカンダリデータベースを含める予定の各アカウントが含まれます。

構文

SELECT SYSTEM$GLOBAL_ACCOUNT_SET_PARAMETER('<account_locator>',
  'ENABLE_ACCOUNT_DATABASE_REPLICATION', 'true');

引数

<アカウントロケーター>

データベースレプリケーションを有効にしているアカウントのロケーター。 SHOW ORGANIZATION ACCOUNTS を使用して、組織内のアカウントのセットを取得します。SQLコマンドは、アカウントロケーターを含む各アカウントの詳細を返します。

使用上の注意

  • このSQL関数を呼び出すことができるのは、組織管理者(つまり、ORGADMINロールを持つユーザー)のみです。

  • この SQL 関数を使用するアカウントのデータベースレプリケーションが有効になっている場合は、 SHOW REPLICATION ACCOUNTS 出力にアカウントが含まれます。

  • 異なるリージョンに同じアカウントロケーターを持つ複数のアカウントがある場合で複製を有効にするには、 Snowflakeサポート に連絡してください。

次の例では、 myaccount1 および myaccount2 アカウントのデータベースレプリケーションを有効にします。

SELECT SYSTEM$GLOBAL_ACCOUNT_SET_PARAMETER('myaccount1',
  'ENABLE_ACCOUNT_DATABASE_REPLICATION', 'true');

SELECT SYSTEM$GLOBAL_ACCOUNT_SET_PARAMETER('myaccount2',
  'ENABLE_ACCOUNT_DATABASE_REPLICATION', 'true');