カテゴリ:

システム関数 (システム制御)

SYSTEM$GLOBAL_ACCOUNT_SET_PARAMETER

組織 内の指定されたアカウントの複製およびフェールオーバー機能を有効にします。

組織管理者(ORGADMIN ロールを持つユーザー)がこの関数を呼び出すと、アカウントに対して次の機能が有効になります。

複製とフェールオーバー機能を有効にしている組織内のアカウントごとに、 SQL 関数を1回呼び出します。これには、プライマリまたはセカンダリ 複製またはフェールオーバーグループ、データベース、または 接続 を含める予定の各アカウントが含まれます。

構文

SELECT SYSTEM$GLOBAL_ACCOUNT_SET_PARAMETER('<account_identifier>',
  'ENABLE_ACCOUNT_DATABASE_REPLICATION', 'true');

引数

<アカウント識別子>

複製が有効になっているアカウントの識別子。識別子の推奨形式は organization_name.account_name です。従来の account_locator 形式もサポートされていますが、組織が同じロケーターを持つ複数のアカウントを(異なるリージョンで)持つ場合に予期しない結果が生じる可能性があるため、その使用はお勧めできません。

SHOW ORGANIZATION ACCOUNTS コマンドを使用して、組織内のアカウントのセットを取得します。このコマンドは、組織名、アカウント名、アカウントロケーターなどの各アカウントに関する詳細を返します。

使用上の注意

  • このSQL関数を呼び出すことができるのは、組織管理者(つまり、ORGADMINロールを持つユーザー)のみです。

  • 同じ組織管理者アカウントから、複数のアカウントの複製を有効にすることができます。

  • この SQL 関数を使用するアカウントの複製が有効になっている場合は、 SHOW REPLICATION ACCOUNTS 出力にアカウントが含まれます。

  • 異なるリージョンに同じアカウントロケーターを持つ複数のアカウントがある場合に複製を有効にするには、アカウント識別子として organization_name.account_name を使用する必要があります。

次の例では、 myorg 組織内にある account1 および account2 アカウントの複製を有効にします。

SELECT SYSTEM$GLOBAL_ACCOUNT_SET_PARAMETER('myorg.account1',
  'ENABLE_ACCOUNT_DATABASE_REPLICATION', 'true');

SELECT SYSTEM$GLOBAL_ACCOUNT_SET_PARAMETER('myorg.account2',
  'ENABLE_ACCOUNT_DATABASE_REPLICATION', 'true');
最上部に戻る